「自然撹乱」は人類の反省と試練と軌道修正への教科書

20180906

「自然撹乱」期に、日本列島全域がいよいよかかってきたみたいだ。
ゲリラ豪雨、猛暑酷暑、台風、地震、噴火活動…。
文明に甘んじて、身も心も家畜化してしまったイマドキ現代人はすべて電気の人質となり、水はいつでも飲めて、糞尿は水洗で流して、ついでにウォシュレットで排泄口を洗って、とても幸せ…。
だが、これだけ自然災害で不便を感じると、水と土がいかに大切かを一部の人間は分かりつつあるだろう。

自然撹乱とは、自然界があらゆる生物に試練と反省と軌道修正を図ってきている、とオイラはいつも言いつづけている。
そんな矢先のたったいま、北海道釧路に住む旧知の若い主婦から電話があった。

「gakuさんが普段から言っていることが今朝の地震でようやく実感できた。
いま、停電しているので、風呂にもあらゆるところにも水を貯めた。
そして、いまは、鍋でご飯炊いている。
gakuさんが教えてくれた冬物をはじめ捨てようと思っていた衣類をコンテナBOXにキープしてあり、それを部屋の真ん中に置いて、いつでも着られるようにしている。
この地震が、真冬だったら、北海道では大勢が凍え死ぬでしょうね…?
いまね、山の上のほうが断水になったって情報が入ってきたけれど、どうしてなの…?」

Gaku「水は上流から下流に流れるじゃん。山の上のほうには、ポンプアップして水道水を送っているのだよ。電気が止まればポンプも作動しない。なので、水道は上流から止まるのさ。ということは、下流の街部も途中の太い水道管に溜まっている水をみんなが使い終わったころには断水するから、鍋でも洗面器でもあらゆるものに、水を貯められるだけ確保すること。
ご飯は塩をたっぷり使っておにぎりにして、なかには梅干しをいれること。そうすれば1周間は大丈夫。
これを機会に、北海道では真冬対策にマイナス30度の寝袋を用意だね。
あと、敷布団になる風呂場の洗マットは断熱効果があるから、それも確保しておくこと。
そうそう、野糞のできる場所も確保だね。街中なら、板とかテント、シーツなどで目隠しできるようにして、土には軽く穴掘って埋めていくと、いまの時期なら土壌バクテリアが24時間でしっかり処理してくれるからローテーション組むといいよ…。
ついでに、ついでに、車のシガライターからACとれる小型のインバーターをホムセで確保しておくと照明やらPC、スマホ充電ができるから便利だよ」。
そんな返事をしたところだった。

すると、近畿地方からは次期講演会の打ち合わせの電話が入り、「社会的視点での危機管理」の話もぜひ盛り込んでほしい」、とも。
「野生動物は、この写真のように、意外と自然撹乱には平気で対処しているから、…ね
その平気さは何なのかを一緒に伝えますから…」
と、答えておいた。

それにしても、地震や災害のたびに「原発」の安否が一番先に取りざたされるのは辛いね。
もし、事故が起きれば、生物にとっていちばん大切な水と土を広範囲にわたって永久に汚染で失うことになるのだから…。
それと、電気は地域ブロックごとに発電と消費をしていくのが今後の人類アメニティーには絶対に理想的、だと思う。

写真:樹洞のマイホームで太い大きな尻尾を掛け布団にして、安心して眠るムササビの親子はたくましい。

カテゴリー: 旅・取材・人 | 「自然撹乱」は人類の反省と試練と軌道修正への教科書 はコメントを受け付けていません。

知床の定置網にヒグマが魚捕り…とは面白すぎる

20180730

この写真は、20年ほど前に北海道は知床半島の川で撮影したヒグマ。
カラフトマスが産卵のために遡上してきたところを、川でヒグマが待ち構えて捕獲した瞬間。
当時としては珍しかったが、アラスカなどでこのような写真がすでに多く撮影されていたので、既視感があってボツ。

しかし、昨日のヤフー記事は面白かった。
知床半島沖の定置網にヒグマが入って魚を狙っているというからだ。
ヒグマは保護され、人々は定置網で魚を捕獲しつづければ、これまさに「無意識間接的“餌付け”」だからである。

ヒグマも川で無理して魚を捕らえるより、網のなかに大量に魚がいれば、そちらを狙ったほうが効率がよい。
こうして、野生動物たちが人間のやっていることを学習しながら餌付き変化していくことが、じつに面白い。
これは、内陸での果樹や農業現場にツキノワグマやイノシシ、シカ、サル…などがやってくるのとまったく同じ構図だからである。

これを、「シナントロープ」と呼ぶ。
いまある自然環境の現実に、いかに人間も関係しているのか、もう、とっくに気づいてもいいからだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00050018-yom-soci

カテゴリー: 旅・取材・人 | 知床の定置網にヒグマが魚捕り…とは面白すぎる はコメントを受け付けていません。

獣害対策で引き起こす災害

西日本を中心とした広範囲におよぶこのたびの水害。
土石流や堤防決壊が随所で起きているが、一部地域では「獣害フェンスが原因をつくっていた」と聞いて驚いた。
なるほど、考えてみれば、たしかにそれは有り得る気がする。
雨で流れてきた落ち葉や小枝などがフェンスのメッシュを塞ぎ、小さなダムをつくる。
すると、やがて、その流れが別方向へ行き、さらに大きな水流となって災害に及んでいくことは可能だ。
増えすぎた野生動物たちがこういうところにも遠因をつくっていたとなれば、それこそイマドキ自然環境を多角的に見ていかなければならないことになる。

「蟻の一穴」で堤防が、「ヌートリアの巣穴」から溜池が決壊することだってある。
新たな獣害視点が必要になってきた。
ちなみに、長野県だけで獣害フェンスはすでに1000kmを超えたという。

これは、大雪で獣害フェンスが倒壊。右側の水路にはヌートリアも生息している。左側の田んぼはすでに耕作放棄されている。フェンスには雑草がからまり、水路が増水すれば水流に相当な負荷をかけることは必至…。


カテゴリー: 旅・取材・人 | 獣害対策で引き起こす災害 はコメントを受け付けていません。

「地域人」=地方での生きかた

20180615

かねてからインタビューを受けていた、「地域人」(大正大学出版会)が発売になった。
巻頭8ページの特集記事だが、長めの文章を校正作業で何回も行ったり来たり。
でも、地方にいてもメールやPDFでのやりとりができるから、いい、時代になったものだ。
写真だってあっというまに添付送信できるし、ロボットカメラもまさに“産業ロボット”の位置付けとしてオイラは活用しているから、地方にいるからこそクオリティーの高い充実した仕事ができる、と考えている。
近年は若者が地方に魅力を感じて移り住んできているが、「地域人」になるには“痴呆人”になってはいけない、と思う。

今回は、すばらしい雑誌づくりをしている編集長と楽しく仕事ができたことに感謝している。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

カテゴリー: 旅・取材・人 | 「地域人」=地方での生きかた はコメントを受け付けていません。

キツネは瓜が好き…

 

20180613

「瓜にツメあり、爪にツメなし、“狐”はウリが好きな獣…なり」

最近のFBに、こんなことを書いたら、『ひえー  深~~い』っと言われた。
この人は、分かっている、いや、やっと分かったのだ、と思う。

オイラは写真家だけれど、生きものの内蔵から考えると極めて早く答えが出やすい。
日本の自然や野生を語るにはとっても大切なことだけれど、そこまでの理解は一般には難しいようだ。


キュウリの偵察にキツネがやってきたけれど、今年の初物はオイラが食べてしまったサ。

カテゴリー: 旅・取材・人 | キツネは瓜が好き… はコメントを受け付けていません。

フクロウが巣立つ

20180504

フクロウが、巣立ちを迎えた。
立派に成長して“森の哲学者”になるのだよ。

フクロウは、巣穴を提供してくれたリンゴ農家に感謝。
リンゴ農家は、ノネズミ退治をしてくれるフクロウに感謝。

カテゴリー: 旅・取材・人 | フクロウが巣立つ はコメントを受け付けていません。

ツキノワグマのわずかな痕跡から行動を知る

20180419

ツキノワグマのこのような爪痕に気づく人は少ない、と思う。
しかも、人家に比較的近い場所での痕跡。
これは、昨年の初秋に左のウワミズザクラの幹をツキノワグマがよじ登り、右のアカマツの幹から降りてきた爪痕である。
ウワミズザクラの実を食べにやってきたことを物語っている。
ウワミズサクラとアカマツは上部で互いに50cmほどに接近していたから、熊もアカマツを降りたほうがラクだと判断したのだろう。

爪痕はそれぞれに矢印で示してあるが、ウワミズザクラの赤い矢印の間にある黒い小さなキズはすべてツキノワグマが登ったときにできた爪痕である。
大きなツキノワグマがこんなに小さな痕跡を残すだけなので、自然に関心のない一般の人にはまず分からないと思う。
ツキノワグマといえば目撃例だけが先行して語られているイマドキ日本社会であるが、このような痕跡のほうが圧倒的に多い。目撃例なんてのは、日々ツキノワグマが行動している何千分の1くらいの少ない確率でしかない。
なので、圧倒的なこうしたちょっとの痕跡確認の積み重ねで、周辺の自然環境からツキノワグマの生息密度を探ることが大切なのである。
そのうえで、オイラは独自開発をした信頼できる無人撮影ロボットカメラで実際にツキノワグマの動きを予測しながら撮影結果を出して、自分のヨミの確認作業を繰り返しているにすぎない。

カテゴリー: 旅・取材・人 | ツキノワグマのわずかな痕跡から行動を知る はコメントを受け付けていません。

天然記念物柴犬保存会の「げん」

20180409

柴犬の「げん」は、だいぶ精悍な顔つきになってきた。
もうすぐ(6月)2歳になるが、オスの日本犬は5~6歳くらいが枯れてきていいカンジになる。

「げん」は、サルの追い払いはすでに完璧にできる。
「げん」がいるだけで、サルの群れはいつの間にか静かに後退していく。
深追いをさせないようにしているが、カモシカにも何回も出会って追っていく。
ツキノワグマとの遭遇もいつかはあるだろうが、そのときに「げん」がどのような行動にでるのかを楽しみにしている。
もっとも、「げん」がクマをこちらへ呼び込まないためにも、山野では「熊払い」をして歩くのがオイラの注意義務。
それには、「げん」がどのような行動をとっているのかを絶えず観察しつづけているのがイチバンいい。
「げん」の行動で、森の動きのかなりの部分がわかるからだ。
この動きは、10年間一緒に行動をともにしてきた「ホタル」とほぼ同じになってきた。
いや、ホタルを越える予感がする。

「げん」は、雄犬。

「ホタル」は、雌犬だった。

カテゴリー: 旅・取材・人 | 天然記念物柴犬保存会の「げん」 はコメントを受け付けていません。

ヒメネズミの高床住宅

ノネズミに関心のある人は少ないと思う。
しかし、海でいうならイワシのごとくたくさんいる陸のノネズミを観察してみれば、自然の深さがわかって面白い。
ヒメネズミが地上6mの樹洞で子育てをするとは、これまで思ってもみなかった。
そして、この時期には子供が生まれて、夏までにはこの樹洞を家族ともども去っていくこともわかった。
黙して語らない自然界をいかに語らせるかは、やはりロボットカメラの目が欠かせない。
ロボットカメラの映像分析から、自然の奥深さがみえてくるからだ。

①  臨月のヒメネズミ
②  モモンガはヒメネズミよりはるかに大きい…
③  散歩中のヒメネズミの赤ん坊

カテゴリー: 旅・取材・人 | ヒメネズミの高床住宅 はコメントを受け付けていません。

フクロウが獲物を襲った現場の落とし物…

20180326

フクロウの下着が落ちていた。
それも、二枚並んで。
下着といえば聞こえは悪いが、いわゆるダウンというやつである。
このダウンがフクロウのどのへんに生えているのかといえば、下腹部にある。
ということは、フクロウがここでノネズミの捕獲行動をしたことになる。
フクロウのダウンはとても柔らかく、浮遊効果もあるので、風や上昇気流で飛んでいってしまうことがある。
しかし、地上の落ち葉にからみつくように二枚ものダウンがここにあるということは、フクロウが激しく地上に着地した証拠である。

「フクロウ=平凡社」という伝説的写真集を出しているオイラだから、たった二枚のフクロウの下着を見つけただけでフクロウがどのような行動をしたかまで想像できてしまう。
そういえば、昨夕はこの近所でフクロウの素晴らしくよく透る声を聞いた。
それは、オスのフクロウが「いま、狩りをしているところだよ…」と、メスに伝えている声だった。

フクロウのダウンはとにかく柔らかくて軽くて、ふわっふわ。

カテゴリー: 旅・取材・人 | フクロウが獲物を襲った現場の落とし物… はコメントを受け付けていません。