秋田県でツキノワグマの6割を殺す…

20180120 

『秋田県でツキノワグマ推定生息数の6割を駆除捕殺』
https://www.asahi.com/articles/ASKDP5R4PKDPUBUB010.html

このことで、全国紙大手新聞社解説委員がオイラのところに見解を求めてきた。
新聞各社の記事をみれば、それはそれはほんとうにツッコミどころ満載で、どこのマスコミも答えを探しあぐねていた。

1) 秋田県での生息推定数の根拠…は?
2) 捕殺した817頭はほんとうに6割なのか? 
3) 生息数の1割だったかもしれないし、9割だったかもしれない。
4) 自然保護団体は猛烈に反対をしているけれど生息推定数を調べる具体的な技術もなく提示もできなければ、ただの「反対」では大衆の支持はえられない。
5) 生息数の把握なんて、国や県が森林税を使ってでもしっかり自信をもって行うべきだ。
6) マスコミも相変わらず10年以上も思考停止の「脳止」状態での記事のタレ流しでまったく進歩なし。
7) このような事態になるとクマ専門家や研究者は決まって「だんまり」を決め込む。
8) 「クマクール」+「マタミール」をきっちり使えば、かなりのツキノワグマ生息個体推定把握ができる。
9) オイラは10年以上も前にクマクールとマタミールを独自開発しているが、この装置で100頭、1000頭、10000頭…と撮影していけばビックリするようなホンモノの答えが出ることまちがいなし。
10) 撮影された写真を分析すればツキノワグマが「経産」か「童貞」、「処女」なのかも見えてくるし、それだけで地域個体群の将来的生産力把握だって可能となる。
11) ついでに、「クマクール」を応用してロボットアームなどを駆使すればDNAの追跡やらかなり深入りして日本のツキノワグマの生態研究にもなるのに、スキルがないとそうした発想力に辿りつけないのも悲しい。
12) 日本社会は1960年前半の第一回東京オリンピックを境にして、全国民のライフエネルギーが電気ガス石油に一斉シフトした。
13) それまで、1000年以上も薪炭で森を相手に日本の国家歴史が築かれてきた時間軸があるのに、木を切らず利用しなくなって山野を70年も放置すれば全国津々浦々まで「森林飽和」「森林過多」が猛烈に進んでいることに気づいていない…all。
14) 「山をみて木を見ず、木をみて山を見ず」というが、樹木ばかりで山野が豊かになれば森に依存している野生動物が激増するのはフードチェーンからみても「エコロジー」の基本である。
15) この現代において「シナントロープ」を考えられなければ、時代を追えず、人間社会変化をも追えず、まったくの思考停止状態の社会があまりにも嘆かわしい。
16) この10年間で全国紙マスコミのインタビューなどを受けてきたが、何回説明しても記者そのものが分かっていないから、いつまでたっても本当の思考性ある記事が書けない。
17) なので、日本のイマドキのツキノワグマはどんどん捕殺し続けてもいい。減ってくれば獲れなくなるのだから捕れるうちはどんどん殺していく発想に至ってもいい。イマドキ日本の国土は70パーセントが森林だし、あと30年もすれば80パーセントになるから、クマが獲れなくなればちゃんと自然回復もする。だから、殺し続けるのも「研究」だし「実験」でもあるから、やってみるべし。
18) マタギの名句に「山は半分殺してちょうどいい」、確かにその通りだからである。
19) そうそう、オイラの『となりのツキノワグマ』は名著だからね。あれだけの写真を一枚々々丁寧に読み解けば、一枚の写真のなかに原稿用紙でどれだけの言葉が紡ぎ出せるかでその人の自然認識度がわかるというもの。
20) そのようにオイラは写真を撮ってきているから、変な学者たちが机上で観念的に書いているツキノワグマ本より写真という現場からの“視覚言語”を分析できれば読める人には原稿用紙で何十枚と文章が書けると思うよ。
21) 「極意」とは、どれだけホンモノをみているのか、どれだけニセモノをみているのか…、そこに答えがあるからね。
22) 「黙して語らない自然界」を知る教科書なんてないのだから、自分自身がどこまで自然界とは何なのか、と関わり知る努力をすることではないのかねぇー。

オイラは、2時間のインタビューで記者にこう答えたが、発行して8年にもなる『となりのツキノワグマ』を書評で取り上げた全国紙はなかった。
それなのに、困ったときだけいろんな新聞社がタダで聞きにくるのだからすぐに忘れてしまうワケだ、ね。
ある全国紙なんて、4年も続けてインタビューにきていながら進歩的な記事が書けなかったので5年目にはとうとう断った、さ。



カテゴリー: 旅・取材・人 | 秋田県でツキノワグマの6割を殺す… はコメントを受け付けていません。

オオコノハズクは謎の多いフクロウ

20180104

フィールドとしている山林に風倒木となったカラマツがあった。
その木をヒメネズミたちがバイパスにして走ることを知った。
ならば、オオコノハズクがそのうちに風倒木に現れるかも知れないと思った。
それが、予想以上に早く現実となった。
野生のオオコノハズクはなかなかに目撃困難な野鳥。
しかし、イマ現在の日本の森林を考えるとかなり数多く生息しているのではないのか、と思う。
なので、これまでの断片的なヒントをもとに「フクロウ」で培ってきたノウハウをつかえばオオコノハズクに迫れそうな予感がする。
正月早々から、ちょっとだけ謎の野鳥の夢を見はじめた。

カテゴリー: 旅・取材・人 | オオコノハズクは謎の多いフクロウ はコメントを受け付けていません。

冬のフクロウ

20171227 【昔の写真が出てきます シリーズ 21 】

雪の季節を迎えるとフクロウ撮影を思いだす。
寒さなんてまったく忘れて、楽しかった思い出ばかり…。
野生のフクロウは相変わらず日本全国どこにでもいる。
ただ、夜行性のためにいつでも気楽に目撃できるというものではない。
この写真を発表してすでに30年が経つが、デジタルカメラ時代となったイマもういちど撮影してみたい、という気持ちが疼く。
でも、たぶん、それも出来ない。
すでにやったことに対して、もういちど時間を割くことはできないからだ。
その前に、オイラには日本の未知なる野生を求めてまだまだやりたいことがいっぱいある。

カテゴリー: 旅・取材・人 | 冬のフクロウ はコメントを受け付けていません。

西日本でのチョウセンイタチ

20171129  

初めての土地では、できるかぎり時間に余裕をもって行き当たりばったりの旅をするのが好き。
今回の山口県では、なにげに県道36号線を走っていた。
すると、橋のたもとにイタチの糞を見つけた。
よくみれば柿の種と小魚の骨がみえた。
たぶん、チョウセンイタチのものだろう。

ホンドイタチでもチョウセンイタチでも習性は似ているから、これをコンスタントに確実に撮影する技術は大変に難しい。
しかし、糞はよく見つかるし内容物などを調べればどのへんを活動しているかの予測はつく。
今回も、「橋のたもと」と「柿の種」という意味からも、水辺と柿というキーワードが浮かぶ。
そこから攻めていけばいい、とオイラは考える。
西日本にチョウセンイタチは確実にたくさんが定着しているが、なかなか生態写真が出てこない。
西日本でのチョウセンイタチの暮らしをもっともっと知りたい、と思う。
こういうことは地元の人たちに頑張ってもらうことがイチバン、だ。

※ 写真の糞は山口県で、チョウセンイタチは岡山県で撮影。

カテゴリー: 旅・取材・人 | 西日本でのチョウセンイタチ はコメントを受け付けていません。

ヤマネの冬眠準備

20171110

やあ、ヤマネ君こんにちは。
ゴミだらけになって、顔を出してきたけれど、キミが樹洞で何をしていたかが分かるよ。

ITロボット、IT人工知能…などが最近ささやかれているけれど。
オイラの無人撮影ロボットカメラも、まさに、それなのかも知れない。
とにかく、「黙して語らない自然界」の住人たちの行動がバンバン撮れて面白いほど分かってくる。
こうして毎日が新しい発見の連続だと、やはり、自然を見る目が変わってくるし楽しくてしかたがない。
そのヤマネも、11月中旬から見られなくなった。
たぶん、冬眠に入ったに違いない。

カテゴリー: 旅・取材・人 | ヤマネの冬眠準備 はコメントを受け付けていません。

本州に生息するニホンモモンガを探す

20171114 

本州にはニホンモモンガが生息している。
森林にはごく普通に生息しているのだが、夜行性でもあり、なかなか撮影には至ってこなかった。
もっとも、これまでオイラも本州のモモンガを本格的に観察してこなかったので本腰をいれることがなかった。
そのモモンガにようやっと迫ろうと4年前から気にかけるようになった。
すると、こちらの気持ちが通じたのか、撮影できるようになった。
謎につつまれたモモンガの生態がオイラ的には霧が晴れるように分かってきた。
モモンガだけを見つめる縦割り軸の生態だけでなく、モモンガと樹木や季節による森の棲み分け、他の動物たちとの関係性など、まったく知られなかった独自な発見の数々である。
動物学会などで重箱の隅つつきのセオリー的な自然感でないダイナミックな新知見への一歩がはじまった。

とりあえず、巣穴に潜り込むモモンガの後ろ足裏のなんと可愛らしいことか。
小指だけが離れて外側にあり、ワシタカでいうところの “鳥がらみ” の指の意味とよく似ている。
ちなみに、このモモンガは女の子…だった。

カテゴリー: 旅・取材・人 | 本州に生息するニホンモモンガを探す はコメントを受け付けていません。

増えすぎたキョンを “キョンとるず”


東京都は伊豆大島で大繁殖をしてしまったシカの仲間である外来種「キョン」を “キョンとるず” などというネーミングで捕獲作戦に本腰をいれるらしい。
これに伴い房総半島でも異常繁殖をしているので千葉県でも同じような作戦に出るようだ。
今や遅し…の感がある。

10年前の2007年にオイラは房総半島に自作の無人撮影ロボットカメラを設置してキョンを調べたことがある。
結果はものすごい数のキョンの生息を確認して、険しく奥深い房総半島の地形を読む限り、もはや手遅れだと感じてブログや雑誌などで発信してきた。
千葉県では20台のセンサーカメラを設置してこれから調査をはじめるそうだ。
ほんとうに後手の政策にびっくりするが、キョンをこれまで放置して増やしてしまったことへの原因がどこにあるのかに行政は気づくべきだ、と思う。
房総半島の場合は、利根川をキョンが渡れば東北地方全体に紛れ込むから大変なことになるのは目に見えている。
そのうえで作戦を練らなければならないのに、いまごろセンサーカメラで分析とは認識があまりにも甘すぎる。

ああ、30年後の結果を見てみたい。


キョンの雄

キョンの雌

わずか1週間でこんなにもキョンが出現してきた

カテゴリー: 旅・取材・人 | 増えすぎたキョンを “キョンとるず” はコメントを受け付けていません。

熊人間…

20171102 【写真家は見たシリーズ 49 】

養魚場にツキノワグマがやってくる。
経営者は昼間サカナの選別をする。
それをどこかで見ていたのか、ツキノワグマが夜間にやってきて同じようなポーズをしていた。

「シナントロープ」を考えながら、こんな写真が撮れてしまうと面白すぎる。

カテゴリー: 旅・取材・人 | 熊人間… はコメントを受け付けていません。

スギやヒノキの人工林は悪なのか…

20171025 【森の探偵シリーズ 71 】

スギやヒノキの人工林は野生動物たちの餌を奪ってしまうからダメだ。
そのような視点で自然界を語る現代人はかなり多くいる、と思う。
とくに、ツキノワグマを保護しようという団体からは10数年も前からずっと同じ言葉が聞こえてくる。
それに、同調するような研究者や自然保護派も少なくない。
しかし、オイラはまったくそのような意見はもっていない。
何よりも、人工林の生態学なんてだれも考えようともしていないし、きちんとした視線で目撃している人は少ない、と思っている。
この写真に写るのはヒノキとスギの人工林。
この写真からでも、何をどのようにして読み解けばいいのか、というものが見えてくる。
ヒノキは何歳で林床から生える樹木はなんという名前の木なのか、そして、それらの樹木たちの習性はどんなものなのか?
そこに、野生動物たちがどのようにかかわってきているのか、というものをこんな人工林に出会うたびに考えてみるのもイマの時代にこそ必要だからである。
そして、その予測の検証を無人撮影ロボットカメラでやってみると見事に人工林を語ってくれるのだから面白い。




カテゴリー: 旅・取材・人 | スギやヒノキの人工林は悪なのか… はコメントを受け付けていません。

メメントモリ…

20171023
先日、このような冊子に写真とインタビュー記事が載った。
30年前の「死」=(平凡社)という写真集を見ての依頼だった。
オイラは自然界でのメメントモリは普通に考えていたことなので、当たり前に写真に撮って普通に発表したのだけれど。
自然を花鳥風月でしか見届けられない人たちには、オイラ自身がかなり嫌われ者になったものだった。
だが、オイラは意に介することなく自然界の事実を淡々と語りながらこれまでもやってきた。
それは、現代版「九相図」を語らなければならない時代にきている、と考えたからだ。
それが、このような形で冊子などに再登場することはこれまでにも数多くあった。
やはり、“腐らない写真”を撮っていかなければならないということは大切なことなのだ。
自然を見るのにセオリーなどないので、いつもオリジナルな視点は欠かせない。
教科書のない自然界を語るには、とにかく「観察自然(かんざつじねん)」あるのみだから。
仏教界からもときどき講演依頼がくるのも面白い、ね。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

カテゴリー: 旅・取材・人 | メメントモリ… はコメントを受け付けていません。