丹後半島

丹後半島は、若狭湾の南側にある。
ここをはじめて訪れたときは、菜の花の咲く3月だった。
いまから、30年も前のことである。
以来、丹後半島の景色が気に入ってしまい、春夏秋冬いろんな季節に訪れるようになった。

2日ほど時間がとれたので、冬の丹後半島に出かけたくなった。
敦賀市経由で宮津に入って行くのが最短コースだけど、敦賀市付近は豪雪情報。
京都南ICから、京都縦貫道で宮津市を目指すことにした。
このルートは雪もほとんどなくて、やっぱり正解だった。

丹後半島は、海があるのに、ここで鮮魚を探すのは難しい。
なので、宮津市で買うのがいちばんいい。
公設市場が開いてたので、ブリ、イカ、サバを買った。
買い物をして市場を出ると、「案山子」のような魚を抱いた人形が目にとまったので撮影していると魚屋のおばちゃんが出てきて笑っていた。

gaku 「おばちゃん、コレ面白い、ね!
    フグ抱いているんですか …?」

おばちゃん 「フグちゃうねん、それブリや、で」

gaku 「うっそー これは誰が見たってフグや、ねぇー」

おばちゃん 「そうよなぁー そう言われればフグみたいやなぁー
       いまさら、直せんしなぁー
       兄ちゃん これからどこ行くねん」

gaku 「丹後…」

おばちゃん 「ええなぁー 温泉はいってきな…」

丹後半島もまれにみる大雪だった。
幹線道路は大丈夫だったが、一歩も道を外れることはできない。
丹後半島では、ステキな樹形をした椎の大木にフクロウの巣穴を見つけてある。
その巣穴を覗きたかったが、この積雪ではどうにもならなかった。

菜の花の咲くころに、また、来ればいい。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

丹後半島 への2件のコメント

  1. oikawa より:

    ぶりですか、僕は鯨かと思ってしまいました。
    前のエントリーですが、一人暮らしは侘しいですね、時々自分も?と考えるのですが
    きっとつらいのではないかと思います。動物(猫なんかも含め)の餌やりもきっと癒しになるんでしょうね。これからの時代、餌やりなんかも見直すといいのかもしれません。

  2. 岳行 より:

    小生も30日に宮津まで行きましたが、路面に雪がありました。宮津市公設市場の魚屋さんお気に入りのところです。この日はアンコウとモンコウイカを買ってきました。ところで鳥はどうでしたか。