キツネの邸宅


10数年前に見つけたキツネの巣を訪ねたら、まだ健在だった。
巣穴前の黒光りの土が、みんな元気なことを物語っていた。
30年も続く巣もあるが、DNAがどのようにして受け継がれていくのか、そんな基礎研究すら済んでいないのが日本の野生動物調査の現状である。
長野県塩尻市にて。
RICHO Caplio GX8

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。