過ぎし夏 2


昨夜庭で生まれたらしいエゾゼミが、地上で鳴き方の練習中だった。
ちょっと出遅れた様子だが、晩婚の雌もいると思うからまだ繁殖には間に合うかも知れない。
こうした遅い出現も、自然界ではなんらかの意味を持たされているにちがいない。
セミの声にも、どことなく寂しさが感じられる晩夏。
長野県伊那谷にて。
RICHO Caplio GX8

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会   パーマリンク

過ぎし夏 2 への2件のコメント

  1. 写真家「宮崎 学」Blogより、晩婚?のエゾゼミ

    gaku先生こと写真家「宮崎学」氏のBlogを発見、というか今まで気がつかなかったのが不思議なくらいだ。季節遅れのエゾゼミって話題だけど、この手の遅れちゃったヤツって遺伝子残せ

  2. さたにい より:

    そういえばここんとこちょっと涼しいですね。
    人間界にも出遅れいまっせ。
    gaku先生、トラックバックのテストしました。