環境を考える 9 「知事抹殺」

「知事抹殺」という本が平凡社から出版されている。
前福島県知事が原発に反対してきていたので、政官財がけむたく感じ、まさに「国策逮捕」らしきもので抹殺されてしまったものだ。
この本を、オイラはちょうど福島県の郡山市で読破した。
著者が住み著したであろう郡山市で読んだのだから、なかなかに感慨深いものがあった。
そして、今回の福島原発の事故がおき、福島県は広範囲にわたって放射能汚染された。
郡山市でも、学校の校庭の砂の入れ替えまで報道されている。
著者の佐藤栄佐久さんは、そこに暮らしいま何を思われていることだろうか。

その足でオイラは飯舘村に入った。
とても素敵な村だったけれど、一部地域は屋内待機中らしく、人影もみられなかった。
家の庭から犬が飛び出してきて吠えかかったが、やがてこの犬はどうなるのだろうか、とも思った。
さらには、ある人家の炭焼き釜の裏手にヤマセミの巣穴も見つけた。
ヤマセミは清流で魚を専門に捕食して生きている野鳥なので、とうぜん水も汚染され魚も汚染されているからそれを食べて子育てするヤマセミの動向も見てみたいものだ。
しかし、長期滞在ができない村なので、これはあきらめざるをえない。
ほんとうは、このような食物連鎖からの自然環境観察が人間にとっても大切なことだと思うのだけれど。

チェルノブイリ原発事故から10年目に、オイラはたったひとりで現地を20日間にわたって歩いた。
これまで豊かに人の暮らしを支えてきた村が高濃度汚染されていて地図からいくつも消されていた。
まさに、人家が焼き払われブルドーザーで地ならしされていく現場も目撃してしまった。
福島県の今回の退去区域は、やがて国有化でもされて日本地図から村や町名も消えていくのかもしれない。
レベル4やレベル7なんて、関係ない。
事故は事故であって、世界が注目する大事故には変わりないからだ。

そして、心配されていた中部電力の「浜岡原発」がとりあえず停止するそうだ。
再開の余地を残しているとはいえ、この判断はとてもすばらしいことだと思う。
すなわちこれは、これからの私たちが試されている「判断」だと感じる。
これまで、電気は無尽蔵にどんどん使えばいいと思ってきた足し算の発想を節約といった引き算に意識を変えること、だからである。
各家庭でも2割や3割の節電はできるしそれをして、これからは1機でも原発を少なくしていくことを考えなければならない時代にあるのではないか。
それでないと、使用済み燃料の後始末を子孫に残して文明だけを謳歌しまくってしまう現代人の生き方は許されない、と思う。

それなのに、福島から信州に帰ってきてみれば、中部電力から電気を供給されている地域だというのに夜間ナイターやテニスをして照明灯をがんがんつけまくっていた。
田んぼの土手では自動販売機が何台も連結されたまま、田舎の夜空を焦がしている。
人間が生きていくうえでの環境はとても大切なこと。
全世界に日本人の恥と愚かさを示してしまった原発事故は、やはり国民すべてが「加害者」だと思う。
そのためにも、「環境」を意識するテーマは身近なところにいっぱいありサインも出されているものだ。
それを知り生きるのも各自のセンスなのかもしれないが、政治家もまさに時代を読み変えていくのもセンスだ。
日本という国が「恐ろしい国」だということを知る意味でも、「知事抹殺」はぜひ読んでもらいたい。

写真上から:
1)「知事抹殺」佐藤栄佐久著=平凡社
2)静かで平和な村なのに、ここも退去命令がでていた。
3)炭焼き小屋の土手にヤマセミの巣。
4)ここも、日本地図から消えるのだろうか?
5)福島市内の夜景。
6)田んぼの自動販売機には蛍光灯にあつまる虫を食べるためにカエルが餌とりにやってきていた。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

環境を考える 9 「知事抹殺」 への4件のコメント

  1. 北の狩人 より:

    これまでも「知事抹殺」と同じような理由で政治家が潰されて来て、現在進行しているのもあるように聞いています。
    その結果が原発事故を引き起こしたのであれば恐ろしいことですね。
    「国策逮捕」はあります。
    無くしてほしいと切に願っています。

  2. そらとびねこ より:

    佐藤知事がGEの内部告発者と会談している映像があります。
    告発者も知事も抹殺されてしまったんですね。
    http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65733058.html

  3. oikawa より:

    蛇口をひねれば水が出て、コンセントにさせば電気が使えて、安全に自由にどこでも歩けるのが、当たり前ですが、当たり前でないとこの方が世界中には多いはずです。
    すべてのことを含め考えていかないと将来どうなるのか今回の原発事故から学ばないといけませんね。

  4. gaku より:

    ■北の狩人 さん
    しかし、連日のニュースなどでは、あまりにも隠蔽が多すぎて人間不信に陥ってしまいます。

    ■oikawa さん
    まあ、日本人はあまりにも「家畜化」されすぎてしまいましたね。
    あとは、どう生きにけるかといったDNAは時代の中での価値観など、親が行動で見せながら子供たちに教えていくしかなさそうですね。