イノシシの孫の手


イノシシの泥浴び場があった。
その近くの樹木を見たら、いたるところに背中をこすりつけた跡があった。
幹には、イノシシの体毛が多数残っている。
しかも、樹肌が粗くブラシになったような木ほど、こすられているのが面白い。
痒い背中を掻くためには、彼らだって樹木を選んでいたのだった。
この幹は、ウルシの木。
樹肌のいぼいぼ突起が、こすれてヤマがなくなってしまっている。
こんなことをして、ウルシに負けるイノシシはいないのだろうか。
長野県伊那谷にて。
E-1 14-54mm

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

イノシシの孫の手 への3件のコメント

  1. 小坊主 より:

    人は、ウルシにかぶれるからといって、淘汰されたりはしませんが、イノシシの場合はどうでしょうか?
    そういう軟弱?な個体は淘汰されて、遺伝子が排除されているのでしょうか?

  2. gaku より:

    イノシシも、ウルシごときには淘汰もされないハズです。
    たぶん、ウルシに負けるものもいないでしょう。

  3. 灰色海豹 より:

    イノシシの毛皮はゴワゴワ強そうですね。
    イノシシのセールスポイントは雑食性、多産、環境への適応性、捕食者にも「牙を向くことができる」強さ・・などでしょうか。
    このタイトル、動物の気持ちが判る人しか思いつけませんね。