切り株の攻防戦 2


庭の切り株を覗いたら、ムネアカオオアリが再び勢力を張っていた。
なんと、前回のサナギの他に小さな卵をどっさり産んでいるではないか。
シロアリはすっかり姿を消し、このムネアカオオアリの天下。
気温と湿度が彼らの生活に大きく左右しているのだろうが、こうしたちょっとした自然現象で多くの生命が盛衰を保つのが面白い。
長野県駒ヶ根高原にて。
D70

カテゴリー: 環境・ゴミ・現代社会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。