ミヤマトリカブト


中央アルプス山麓の山野へ入ると、いま、ミヤマトリカブトが美しい。
濃い空色の花は、形も妖艶で毒々しい美しさがある。
しかし、この植物は全草に毒をもっている。
もちろん、花の蜜にも毒がある。
近年はニホンミツバチを飼育する愛好家が多いが、このトリカブトの花から蜜を集めるミツバチも少なくない。
そして、このハチミツを飲んで、ときどき人も死ぬ。
その因果関係を知らないままに、ミツバチ飼育をしている人たちも案外多いのには驚く。
初秋から年内に絞った蜜は人間が飲まないほうが無難なのだが、そんな知識を持ち合わせてない個人売買の蜜が危険だと思う。
長野県伊那谷にて。
E-1 14-54mm

カテゴリー: 昆虫   パーマリンク

コメントは受け付けていません。