放射線量情報板

長野県飯島町役場入口には、写真のような「放射線量情報板」なるものが立っている。
「只今の放射線量」「0.05μSv/h」というように、電光掲示板が交互に光っている。
デザインは、なんだか「砂時計」のようでシンプル。

なんでも、一般向けに設置されているのは全国で初めてのことらしい。
いったいいくらするのか知らないが、まあ、こういうことは、関心も出てくるからいいと思うし、必要だ。
と同時に、いよいよこんなものを設置して気にしなければならない時代になってしまったのかと思うと空しくも感じる。
なので、この時代に生きたオイラとしては、自然界の報道写真家として「時代を語るには」このような写真を撮って残しておくことも大切なことだと思ってシャッターを切ってきた。

役場の広報誌には、主な放射性物質と半減期なる表が載っていた。

セシウムー137    30年
プルトニウムー239  2万4千年
ラジウムー226    1600年
ウランー238     45億年
カリウムー40    12.8億年

この表を見るかぎり、「アッジャー」と言わざるをえない。
なんともまあ、手をつけてはならない物質に人類は「手」をつけてしまったものだ、と。
やっぱりこの砂時計デザインは、人類破滅への秒読み「砂時計」だったのだ、と思ってしまう。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

放射線量情報板 への8件のコメント

  1. そらとびねこ より:

    日本では現在、都市や農地の放射能測定は盛んに行われるようになりましたが
    山にも人は住んでいるのに森林汚染の実態はまだ分かりませんね
    東北、関東ではツキノワグマ、シカ、イノシシなどの獣肉がかなり汚染されています
    長野県でも《暫定》基準値以下ですがイノシシが汚染されていましたね
    南ドイツではチェルノブイリ原発事故で1600kも離れた南ドイツの牧草が汚染し、土壌が4000ベクレル/㎏の高い値だったそうです。放射能を含んだ雲が通過したためですが・・
    ドイツ人は森の人で、キノコ、鹿肉などの山で採れる食材をよく食べるから、チェルノ以来とても敏感になっているそうです。
    長野県は一部が放射能プルームで汚染されましたが、ドイツほど酷くはなかったのが幸いでしたね。
    しかし、これから森林汚染の実態が徐々に明らかになってくると思います。
    長野県飯島町役場には先見の明のある人がいるのかな?

    • gaku より:

      >長野県飯島町役場には先見の明のある人がいるのかな?

      新聞報道では、どうも会社に関係する人がいるらしくて、デモしているみたいですね。
      いずれにしても、こんな装置が全国に展開される時代になってくるのでしょうか・?
      イヤな時代になってしまったもの、です。

  2. oikawa より:

    僕を含めてほとんどの日本人が、チェルノブイリは他人事と思っていたはずですが、
    実際日本で起こってしまったわけです。こういったもの扱うには、やはりリスクを伴うものだという自覚は必要だったんですね。この事故で、良いことは無かったけど、たった一つこういったことを考える機会が出来た事、良かったと思うし、それを無駄にしてはいけませんね。

    • gaku より:

      海外旅行で、パリやハワイにはたくさんの日本人が行っているころ。
      ボクはチェルノブイリまでたった一人で行って20日間にわたって周辺を歩いていました。
      チェルノブイリ事故後10年後のことです。
      そんなことして帰国しても、みんなに笑われただけですが、日本でも原発事故はぜったいに起きると思っていたからチェルノブイリに出かけたまでです。
      ボクの予感では、今後30年以内にもう一つくらいドカンといくのではないか、そう思っていますが。
      もう一回くらい事故が起きないと、日本人はまだまだ気づかないような気がしてなりません。
      そのくらい、無関心でいる人が身の回りにも多すぎます、ね。
      もう、あきらめの心境ですが。

  3. とも! より:

    うちの村は群馬との県境にあり、長野県の汚染マップで見ると、いわば放射能の防波堤のようになっています。峠の放射線量は高めですし、鹿は群馬側からもかなり入ってきているはずなので、影響はかなりあるはずですが、村人はあんまり気にしてないみたいですね。他県よりはマシかもしれませんが、原発や放射能の話題は相手を選ばないと、うっかり話せないような雰囲気です。小さい子供がいるので放射能はとっても怖いですが、私はこういう日本人のメンタリティのほうにも危機感を感じます。

    • gaku より:

      >私はこういう日本人のメンタリティのほうにも危機感を感じます。
      ほんとうですね、危機感以前のものをボクは感じてしまいます。

      >小さい子供がいるので放射能はとっても怖いですが、
      ちょっと心配ですね。
      ボクは、自分の畑の土を検査してもらいましたし、これからも観察は続けるつもりでいます。

      • とも! より:

        >ボクは、自分の畑の土を検査してもらいましたし、これからも観察は続けるつもりでいます。

        知り合いが土壌検査をして30ベクレル/kgくらい出たらしいですが、その値だと、今回の汚染というよりは、大気圏核実験時の汚染と考えられる、と言われたらしいです。私たちはすでにそういう環境の中にいたんですね。あらためて、地球と言う運命共同体を意識しました。

        • gaku より:

          >今回の汚染というよりは、大気圏核実験時の汚染と考えられる、と言われたらしいです。
          >あらためて、地球と言う運命共同体を意識しました。

          地球が私たち人間には「大家」さんなのに、店子の人間が大家さんに迷惑をかけっぱなしなんですよ、ね!
          そのうちに、大家さんもお怒りになって、店子を追い出しにかかることでしょう!!