秋のミサゴ


今朝、伊那谷の空をミサゴが飛んでいた。
信州の山深いところにも、秋になると、ときどきミサゴの姿が見られる。
これは、渡りのために南下していく個体なのだ。
ミサゴは、お腹がすいていたのか、小鮒を飼っている田んぼの上空を何回も旋回していた。
田んぼからは、魚がいるというサインがでているのだろう。
旋回中にカラスに見つかり、追われて、どんどん上昇して南の空へ消えていった。
こういう出会いは、いつも感動する。
これからは、空を注意していれば、秋の渡りをするタカたちが見られるからうれしくなる。
猛禽類の飛翔はやっぱり格好いいから、見るだけで元気がでるのがいい。
長野県伊那谷にて。
E-1 50-200mm

カテゴリー: 風景   パーマリンク

コメントは受け付けていません。