ゴム手袋


近所の林に、ゴム手袋が落ちていた。
よく見れば、指先だけが齧られてなくなっている。
ちょっと、滑稽な感じだが、これはキツネのしわざ。
手袋の指先だけに汗がたまっていたのか、塩味が効いていたから齧ったのであろう。
そういえば、この手袋の近所にもキツネの巣がある。
ここの家族が、どこからか手袋を拾ってきて齧り、あとはオモチャにして遊んだのだろう。
ここのキツネの巣は、ボクは知っているがいつも見てみないふりをしている。
人間に気づかれたと意識した瞬間から、キツネたちはとても警戒心が強くなるからだ。
知らないふりをしているのが、お互いにいちばんいいのだ。
長野県伊那谷にて。
E-1 14-54mm

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

ゴム手袋 への2件のコメント

  1. 小坊主 より:

    いいですねえ。
    キツネ一家の様子が、目に浮かぶようです。

  2. 灰色海豹 より:

    >知らないふりをしているのが、お互いにいちばんいいのだ。
    良い台詞ですね。本当の「自然観察者」の言葉です。