2012年2月21日午前10時20分の雲

山国の信州に暮らしていると、毎日いつも山を見ることが日課となっている。
そう感じながら、いつものように中央アルプスを見た。
なんと、そこにはレンズを縦にしたような不思議な雲が連なっていた。
それ以外は、すごくいい天気の青空が空一杯に広がっている。

そして、そのまま南アルプスに目をやれば。
これまた怪しげで不思議な雲が、仙丈ヶ岳の上に連なっている。。
龍のような形になっていたが、もっと早く気づけば先端は中央アルプスと同じくレンズを縦にしたようになっていたのではないか、と思う。

不思議だなぁー、と思いつつ。
地震雲ではないとは思いたいが、このような雲を見てしまうと、つい「地震」がやってくるのではないかと心配になってしまう。
なんだか最近は、「地震」をいつも視野におさえながら周囲の自然環境に目が行ってしまう。
まあ、微細な観察に敏感になるのも悪いことではない、とは思うけれど。

写真:
1)中央アルプスの雲。
2)南アルプスの雲。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

2012年2月21日午前10時20分の雲 への8件のコメント

  1. 野人 より:

    昨日は楽しい立ち話etcと色々ありがとうございました。
    車を運転していると、ついつい色んなところに目が行っちゃて  「あそこにモズ、あっチョウゲンボウ、あれノスリじゃない」 なんて具合によそ見運転&急停車するんで、助手席の嫁にいつも怒られます、それでも 「よく気がつくよね、どんな目しているの」 とほめられもします。
    しかし、昨日のお話中にクマタカを発見する宮崎さんは、当たり前ですが、どんな状況でもアンテナが立っていて、常に自然への注意力が注がれているんだなとつくづく感心いたしました。
    僕なんかは話に夢中でクマタカに気が付きませんでした、反省。
    また中央アルプス裾野のどこかででお会いできたら、楽しいお話しお願いします。

    • gaku より:

      そういえば、車が変わってたんですね!
      まあ、屋根に特徴があるからどこで出会ってもすぐに立ち話もできましょう。。

  2. オーロラ より:

    すみません。先のコメントの富士山の雲の方は、19日の朝のことで2日前ということになり、同じ日ではなかったようです。

  3. 野人 より:

    度々、すみません。
    昨日お話したUザリガニ、僕のブログで公開しました(今までは非公開)伊那谷、里山、自然のコーナーに写真がのせてあります、昨年12月の記事です、もしよかったら覗いてやってください。

  4. oikawa より:

    日本のニュースをネットで見ていますが、僕の身内は、ほとんど東京にいるので、地震については、不安になることが多いです。異常気象等言われていますが、今までが、異常に安定していたのでしょうか。

    • gaku より:

      >異常気象等言われていますが、今までが、異常に安定していたのでしょうか。

      異常気象とか想定外…などは、ありえないのが自然界だと思います。
      明日も東京日帰りですが、最近は極力上京する機会を減らしております。
      なるべくなら泊まりたくないので、明日も日帰りです。。
      そして、歩きやすいように靴はスニーカー。。