izu フォトミュージアム

7日の土曜日は、静岡県の沼津市近郊にある「izuフォトミュージアム」へ出かけてきた。
ここで、今年の12月から展覧会があるからその打ち合わせなどを兼ねて行ってきた次第。

ちょうど、いまは「荒木経惟写真集展アラーキー」が開かれている。
荒木さんの仕事はほんとうにスゴイので、ぜひ見てみたかった。
会場内に入ると、450冊という写真集や著作物の量には圧倒されるが、いい展覧会になっていた。
この同じ会場で、12月はオイラの展覧会になるわけだが、いまから展示方法などの構想を練らなければならない。
12月なんて、あっという間に来てしまうから、これから夏までが大変な忙しさになるだろう。
とにかく、展覧会というものは、本を一冊つくる以上にエネルギーがいるから、いまから体調を整えてておかなければならない。

会場入り口のサクラの木には、美術館の庭園で行う「小鳥のためのプロジェクト」企画に参加しているので、特製ハイテク装置付きの巣箱も架けてきた。
8月までの企画展だが、シジュウカラが巣箱に入ってくれれば巣内の様子がミュージアムのなかでモニターできるようになっている。
新緑の5月ごろが楽しみだ。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

izu フォトミュージアム への2件のコメント

  1. oikawa より:

    若者はKISHINさんの写真をおかずにできるけど、アラーキーの写真はおかずにできないと、何かで読んだことがありますが、僕もアラーキーの写真もおかずにできるようになってきました。かなり進歩したのだと思います。

    • gaku より:

      あはは、おかずねぇー。
      会場にはいっぱいありました、よ。
      急いで帰国したら?