タヌキの糞


(ウリ科の新芽は何に成長していくのか楽しみ)

久しぶりに、立派なタヌキの「ため糞」に出会った。
大きさは60cmくらいあり、健康的なタヌキが使っているようすだった。


(かなり立派なタヌキのため糞)


(内容物は、自然食主体にみえる)

このようなため糞場をみると、タヌキが何を食べてどのような生活ぶりをしているのかどうしても気になってしまう。
カキの種もあれば、スイカなのかカボチャなのか芽が出てきているものもあった。
さらには、正体不明の植物の種子。


(カキの種子も随所にみられる)

この正体不明の種子だけは、かなりの時間差で食べているようすだった。
ため糞のいたるところに重なるようにして奥深くからでも大量に出てくるからだ。
種子の大きさは米粒くらいだが、茶色で平べったくて光沢がある。
このように種子になってしまうと、どのような植物なのかまったく見当がつかない。
なので、この種子を持ち帰り「発芽実験」をしようと思う。
植木鉢に、正体不明の種子だけを撒き、やがて発芽してくる植物で判定するのだ。


(正体不明の種子、かなり長期間にわたって連続的に摂食しているようだ)

ここ数年、こうして、動物たちの糞のなかから種子を拾ってきて発芽実験をしている。
これが、けっこう楽しいのである。
クマの糞、テンの糞、サルの糞、キツネの糞 …
これを、「うんこ盆栽」といって楽しんでいるが、うまくいけば「盆栽展」が開けるかもしれない。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

タヌキの糞 への8件のコメント

  1. 重田 より:

    初めまして。
    イノシシ被害で検索してこちらにお邪魔しました。
    株式会社ゼウスジャパンの重田と申します。
    当社ではイノシシ撃退に効果的な肥料の開発等を行っており、
    もし宜しければサンプルを施肥いただき、
    結果をブログなどでご紹介頂けないかと思い
    書き込みさせて頂きました。
    突然で、営業的な内容になり大変申し訳ございません。
    地元においてもイノシシによる農作物被害は多く
    商品の実証テストなども定期的に行っており
    かなりいい結果を残しています。
    もしお困りのようであれば、当社製品のサンプルを
    是非一度お試し下さいませ。
    ご検討宜しくお願いします。

    • gaku より:

      ありがとうございます。
      いまのところ、こちらでは獣害をなんとか凌げていますので大丈夫です。

  2. 野人 より:

    8年ほど前、ヤドリギを発芽させたくて、実を口にし果実だけ食べ、そのまま種をサクラの木に付けたんですが、発芽しませんでした。
    やはり、口から胃、胃から腸、そしてウンチとならなければだめなんでしょうね。

    • gaku より:

      おもしろい実験をしました、ね!
      これは、感動もの、です。
      こんどは、ぜひウンチでやってみましょう。
      (ヤドリギの実には、毒性があるかもしれませんので要注意)

      っと、いうか、ヤドリギは野鳥に食べられて運ばれるので、「砂肝」にヒントがあるかもしれませんね。
      ここは、ニワトリに食べてもらって再実験してもいいのか、も?

  3. ほたるん より:

    イチジクの実なんてコトはありませんよね??

  4. 山之上すみれ より:

    豆科のようですね。クサフジとかルピナスの種と似ていますもん。

    • gaku より:

      そのご、調べていたらどうやら「ケンポナシ」のよう、です。
      まあ、確認のために鉢植えして発芽実験用に種子を拾ってきました。
      答えが出るまでに、2~3年はかかると思いますが。
      やってみます。。