夏を感じる花「ヤマホタルブクロ」

今年も、ヤマホタルブクロの咲く季節となった。
この花は、雨の日に見るのが好きだ。

オイラが子供の頃は、この花を「あめっぷり」と呼んでいた。
触ったり、いじめたりすると、雨が降ると親から言われたものだ。
だから、晴れた外で遊びたいがために、この花はそっと遠くから見るだけのものにしてきた。
だけど、それでも雨は降った。
そんなときは家の中で雨が止むのをじっと待った。
それが、退屈だった。
なので、誰かが苛めたにちがいない、と雨を恨んだものだった。
テレビも何もない時代だったので、山村の子供にとっては雨で外に出られないことほど辛いものはなかった。

そんなホタルブクロも、いまでは大好きな花のひとつとなった。
いたるところにたくさん見られるから、いまでは手折ることもある。
そのために、雨が降っても平気、である。
まるでいまでは、子供の頃の憂さを晴らすみたいに、ホタルブクロを見たりいじったりして遊んでいる。
そして、このロングスカートの中を覗きたくて「魚眼レンズ」を買った。

花の下に仰向けに潜り込んで、魚眼レンズで覗く。
そこには、普段見るホタルブクロとはまた別の表情があった。
「スカートの下の劇場」を見る、思いだった。
虫たちから見れば、たぶん、こんな世界に見えているのだろう。
それはまるで、広口スカートとなって誘い込むようになっていたから、オイラも誘われてしまった。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

夏を感じる花「ヤマホタルブクロ」 への4件のコメント

  1. C-NA より:

    こんばんは。
    花の写真を撮るときは花の周りをぐるりと回って好きな構図を探します。
    真上や真下から撮ることはほとんどありませんがうつむいている花はどうしてものぞきこみたくなりますね。そんな時に花の思いがけない表情を見つけることがあります。
    一口食べて2度おいしい・・・じゃありませんが一つの花で美しくも面白くもなります。
    ちなみにヘラオオバコを真上から見るとカザグルマみたいで楽しいですよ。
    ウツボグサも真上からやるとまるで別の花のように見えます。
    のぞいてばかりじゃなくてね・・・(^^;

    • gaku より:

      ウツボグサ真上から撮ってありますが、もうすこしレンズを工夫してやってみます。
      やはり、自然が作り出している植物などは、いろんな角度から見てあげることが、理解につながると思います。
      どんどん、見ていきましょう、ね!

  2. てっちゃん より:

    凄いアングルですね、潜り込んで撮られたのですか。。
    こちらで夏を感じる花といえば、やっぱりハマナスでしょうか?たくさん咲き始めました。

    • gaku より:

      はい、潜り込んで撮りました。
      これは、道路際にありましたので、車に自分が轢かれないようその注意のほうがタイヘンでした。