命びろいのダケカンバ


久しぶりの雨模様。
近所にある高原牧場は霧に煙っていた。
40年ほどまえに山野を切り開いてつくられた牧場だが、牛の放牧はたったの数頭。
往時に比べたら100分の1にも満たない数。
他の仲間は牧草地のためにみんな切られてしまったが、このダケカンバも、油断していたら切られていたことだろう。
なにがそうさせたのか、この木が1本だけ残って、今はこの姿。
樹木も生物の生命も、生き抜くことは一瞬の賭けのような気がする。
長野県伊那谷にて。
GX8

カテゴリー: 昆虫   パーマリンク

命びろいのダケカンバ への5件のコメント

  1. アルファ より:

    わーっ、とっても幻想的で美しいですね!こんな写真が撮れるなら、雨もまたいいものですね。
    このダケカンバが切られなかったのは、何か、オーラがあるのかもしれません?

  2. 小坊主 より:

    おーら、切るんじゃねえぞ。

  3. アルファ より:

    小坊主さん、そのとおり(笑)。

  4. 通りすがり より:

    すいません通りすがりですが、雪国では、山道が雪で埋まるため道が判らなくなるからと、目印にわざと道の真中の木を切らないと聞いた事があります
    これも敷地の何かの目印では無いでしょうか
    迷子にならないための・・・か、境界をあらわすとか
    でも放牧をしていたなら、急な雨のための雨宿りとかも考えられますよね
    ちょっとの事で色々とイメージが沸いて楽しいです
    個人的には山で自給自足的にのんびり暮らしたいです

  5. gaku より:

    このダケカンバは、
    牛たちの日陰場所のために残された木なのです。