交通事故注意月間


昨夜、国道でタヌキが車にはねられて死んだ。
朝になってその死体を、カラスが食べていた。
気温が低くなってきたから、タヌキの死体も腐敗しにくくなっているので、カラスにとってはご馳走なのだ。
こういうタヌキの死体を見ると、11月だと感じる。
この道路では例年、11,12月にタヌキの交通事故が増えるからだ。
それは、今年生まれのタヌキが独立して新天地探しをしているために、不慣れな土地で交通事故に遭ってしまうからである。
タヌキに限らず、この時期は山野でも動物たちがダイナミックに動きはじめているから、飛び出しには充分に注意である。
長野県伊那谷にて。
E-1

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

交通事故注意月間 への2件のコメント

  1. 平標 その3 登山口の紅葉

    05-11-05 E-1 14-54mm 平標山の登山道沿いにある河口沢の紅葉。

  2. ピッコロ より:

    確かにこの時期(こちらだと、マガンがわたってくる頃)に道路を走ってくるとよく見かける光景です。
    一度、夕暮れ時に道路でのた打ち回っている子タヌキを見たことがあります。
    私は反対車線で通過してしまいましたが、あの状態ならだれか捕まえて動物病院に運んだかもしれません。