増えるオニグルミ群落

20140525 クルミ林 高速道飯島バス停2-22 R9673011

近所の中央高速道路の法面を見てビックリ、した。
「オニグルミ」がどんどんと見渡すかぎり林をつくりはじめていたからだ(赤矢印)。
どうして、こんなにも増えてしまったのだろう…?
これは、もう、ネズミの仕業しか考えられない。
こうしてオニグルミが増えてくると、ツキノワグマもやってくる。
車がビュンビュン行き交う高速道路であろうとツキノワグマは確実にやってくることは、これまでのオイラの調査で分かっていること。
緑の矢印のところには、現在でも普通にツキノワグマが行動している地域。
なので、この法面にやってくるのも時間の問題だ。
まあ、社会による「無意識間接的」なツキノワグマへの「餌づけ」となろう。
NEXCO中日本に相談して、オイラのカメラによる法面の生態調査をしてみたいものだ。
まあ、これも、オイラの備忘録としての今日のヒトコマではあるが。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。