早春に存在を告げるダンコウバイ

ダンコウバイがようやく咲いた。
信州の野山にこの黄色の花が咲くとやっと春がきたと思える。
南のほうではもうサクラの話題がつづいているけれど、信州ではまだまだ先のこと。
ダンコウバイとアブラチャンは花がよく似ているけれど、ダンコウバイのほうが枝も太く花も肉厚なので区別がつく。
早春にこれらの花が目立つけれど、初夏から秋、冬にはまったく目立たないからつい忘れてしまう。
だから、ツキノワグマの糞のなかダンコウバイの実が入っていてもそれが何の実なのかちっとも思い出せないこともある。

20150318 ダンコウバイ与田切 DSC_0879

ツキノワグマの糞のなかからでてきたダンコウバイの実。
kuma R0010894

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。