社寺風な巣箱


中央アルプス山麓につづく林道を走っていたら、巣箱が見えた。
誰が架けたのか知らないが、この時期には巣箱内を掃除しておくことが必要だ。
掃除をすれば、冬の寒さをしのぎながら、いくつかの野鳥たちのねぐらにもなるからよろこばれる。
そう思って、巣箱に近づいて驚いた。
なんだか、神社風なのである。
たぶん、この巣箱は「宮大工」の心得がある人がつくったにちがいない。
こんなに凝らなくても、シジュウカラなどは穴さえあれば入るから大丈夫、なのに。
長野県伊那谷にて。
GX8

カテゴリー: 風景   パーマリンク

社寺風な巣箱 への4件のコメント

  1. 森のどんぐり屋 より:

    よ~く見ると、ホントにものすごく凝った造りですね!
    こんな巣箱は初めてみました。
    作った人は、すごい自己満足?

  2. 灰色海豹 より:

    こういう凝り方、遊びがあって良いじゃないですか。
    造った本人も楽しんでやった、と想像します。

  3. 小坊主 より:

    木の根元に、鳥居がなかったでしょうか?

  4. アルファ より:

    ここに、ヤマガラが巣を作ったら面白い!
    小坊主さんは、やっぱりお上手!