ヌタ場


数年前から、イノシシがドロ浴びをする「ヌタ場」をみつけてある。
ドロ浴びは、体にダニやヒルなどがつくと、それらを落とすために泥に浸るのだといわれている。
そんな写真をいつか撮影したいものだと、ひそかに考えているが、今年も多忙でそれができなかった。
できなかったというより、この季節になるともうチャンスがないからである。
気温が寒くなり、ダニもヒルも活動期ではなくなるから、イノシシもドロ浴びをする必要がないからだ。
早い話、イノシシはここに春まで来ないということである。
3頭分のイノシシの水鏡が、春までこうして森を映しつづけるのだろう。
長野県伊那谷にて。
GX8

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

ヌタ場 への1件のコメント

  1. 小坊主 より:

    素晴らしい写真です。