ジャンクなパーツ


久しぶりに秋葉原の電気街を歩いた。
ソレノイドという、電磁石が欲しかったからだ。
ソレノイドとは、車のドアロックなどによく使われているパーツ。
電気が通じると瞬間的に力が入るから、これはシャッターを切る指の代わりにもなるシロモノだ。
ジャンク品で充分なので、電気街をこまめに歩いて探すのがいい。
1ヶ500円で見つかり、コンデンサーも100円、200円というものだった。
これらのパーツで、コンパクトデジカメを無人で操作しようと考えている。
ついでに、監視カメラ用の交換レンズも安くあったので買ってきた。
そのあと、新しくできた巨大なヨドバシカメラのビルへ。
新品のカメラ用品がどっさり売られているが、こういう機材も無人撮影に使うにはそれなりに工夫をしなければならない。
新型製品をここで見ながらパーツを買いにジャンク街へ走ることもできるから、秋葉原には通って損はないだろう。
信州からだとちょっと遠いが、やはりここには定期的に出かけなくてはならないところらしい。
※このパーツが、今後どのように利用されていくかはgaku塾内の機材編や視点論点などで発表していきます。
E-1

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

ジャンクなパーツ への5件のコメント

  1. リョウタ より:

    秋葉原通ってらっしゃるのですか…!
    ウチ、秋葉原から徒歩10分です!今度いらっしゃるときには是非お誘いください!!

  2. gaku より:

    秋葉原に徒歩10分とは、近いですね。
    こんど出かけるときには、ご連絡しますね。

  3. はな より:

    ぇ・・・・わたしも是非ぜひお願いしたいです。
    若いかたと先生のあしでまといにならないよう・・もたもたしないよう努力いたしますのでお願いいたします。(ぺこり)

  4. ピッコロ より:

    gaku先生とリョウタさんとはなさん
    この三人衆、一見、何の共通点もなさそうですが、これがオフ会の楽しみなのでしょうね。

  5. 小坊主 より:

    遂に、秋葉原メイドカフェオフですね。