熊の「けもの道」


昨秋ツキノワグマがたくさん通った「けもの道」は、いまひっそりとしている。
あの秋の賑わいはどうなってしまったのだろうかと思うほどに、カメラの稼働率も低い。
そこに久しぶりに現れたノラネコは、まさに新顔。
なかなか可愛らしい表情をしているが、この猫も一回コッキリで写らなくなった。
けもの道をノラネコが歩いているとは、道の利用者であるツキノワグマは想像もしていないだろう。
この寒さで、冬眠穴で惰眠をむさぼりながら手のひらを嘗めているにちがいない。
春先の活動期を押さえるためにも、カメラだけは現在もスタンバイ状態だ。
長野県中央アルプス山麓にて。
SD-10

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。