物件さがし


むささび荘の敷地の境に、ブロック塀がある。
このブロック塀には、穴が空いており、そこに毎年シジュウカラが巣づくりをする。
しかし、いつも子育てが成功したためしが、ない。
アオダイショウに親子もろとも、食われてしまうからだ。
それでも懲りずに、巣をつくるのだから、シジュウカラもよほど住宅難なのだろう。
そのブロック塀の穴を、今年も、シジュウカラが覗いている。
春がやってきて、子育ての準備で、偵察にきているからだ。
たぶん、今年も、ここに巣をつくるであろう。
そして、アオダイショウに再び食われるであろう。
アオダイショウはいつやってくるか分からないが、確実にシジュウカラを食べていくのだから大したものだ。
もっとも、アオダイショウはネズミや野鳥を主食にしているのだから、獲物が食べられないようでも困る。
イワシの群れをカツオが追い、そのカツオをマグロが襲って食うように、シジュウカラもアオダイショウにはいつもターゲットにされているのが自然界なのである。
そのアオダイショウは、イヌワシやクマタカ、ノスリに生命を狙われている。
シジュウカラだって、芽吹きの新葉を食べる昆虫を一日に何千匹と捕まえて子育ての餌にもしている。
こんな簡単なフードチェーンすら分からずに、自然はすばらしい、美しい…などとは、いえない。
自然の営みをきちんと見届けて、そこにどんな働きが仕組まれているかを考え、そして、人間の命の存在すらも見つめてみたいものだ。
中央アルプス山麓にて。
SD-10

カテゴリー: 風景   パーマリンク

物件さがし への3件のコメント

  1. C-NA より:

    寒鰤の腹を割るとそこにはスルメイカや鰯などが丸ごと入っていることがあります。スルメイカや鰯はプランクトンを食べますね。私が鰤を食べたら私は何に命を襲われるんでしょう・・・人間がいちばんずるいような気はするのですが美味しい物は美味しいし。今夜は食べられる夢を見そうです・・・何に???

  2. アルファ より:

    ブロック塀の、縦型の穴にまで巣を作るとは、初めて知りました。
    ちょっとびっくり…。

  3. gaku より:

    シジュウカラは、穴さえあれば、みんな覗いて物件さがしをします。
    ボクの理論社から出した「森の365日」を見てみてください。
    撮影小屋に、風呂の焚きつけに使えるくらいたくさんの巣材を運び込んだつわものもいます。
    小屋は、3畳もあるのに、そこに巣をつくろうとしたのです、よ。