びっくり驚きレンズ


先日、シグマの本社へでかけた際に
『新しいレンズができたのでぜひテストして欲しいのですよ』
そう、いわれていたレンズが、本日届いた。
SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
デジタル専用設計で、APSに対応(35mm換算ニコンで約24-100mm)。
ズーム全域で最短距離が20cm。
それも、レンズ先端ではなくて、CCD面から20cmだから、70mm側にすると、レンズ面が被写体まで1cmくらいしか、ないのである。
いやー これはスゴイことである。
まさに、マクロレンズが要らないでは、ないか。
本体重量も455gだから、コレ1本で標準レンズとして充分に用が足りてしまう。
これは、
これからコンパクトデジカメから一眼デジカメへ移行する人ならば、ボディーを買って、このレンズ1本あれば、身近な撮影はすべてできてしまうだろう。
こういうコンセプトのレンズが出てこなければ、やはり写真の楽しみも湧かないものである。
テスト撮影でも、きわめてシャープな写りをみせたから、ボクの標準レンズになってしまった。
シグマのオンラインショップだと、46.300円。
値段以上の高性能レンズなので、身近な自然を記録される方にはイチオシである。
むささび荘の庭にて。
SD-10

カテゴリー: 哺乳類・野生動物   パーマリンク

びっくり驚きレンズ への5件のコメント

  1. たじまもり より:

    このレンズ、私もつい最近手に入れましたが、とっても面白いです。というか、一眼標準レンズはかくあるべきではないの、という我々の思いを見事にシグマが実現してくれた逸品と感じました。視覚の冒険ショットには欠かせない1本。私もこれが常用レンズになりました。

  2. TAJIMANIA Blog より:

    SIGMA 17-70MACRO

    SIGMAからまた面白いレンズが出た。一眼レフもデジタルに完全シフトし、SIGMAは次々に魅力的な製品を出してくる。カメラメーカーの純正レンズよりよほどワクワクする商品を出してくる

  3. はちべえ より:

    このレンズは良さそうですね!僕も昔昔のシグマスーパーワイド24mm/f2.8からシグマを愛用してきました。
    今欲しいシグマは50mm/2.8マクロ、120-300mm/f2.8、500mm/f4.5、800mm/f5.6とスーパーワイド系のズームですね。
    15mmフィッシュアイと18-50mmは常用レンズです。

  4. 気が付けば

    気が付けば、使うレンズはこの2本。
    シグマ20ミリと500ミリ。
    それと最近入手した50ミリマクロ。
    ズームレンズ全盛の今の時代、ちょっと時代遅れなのかも知れないが短焦点レンズ…

  5. ホンダのS より:

    gaku先生の紹介と皆さんのコメントから
    直感でこのレンズは使える!と思い、
    デジカメ1眼レフは未購入にもかかわらず、
    本日ネットで注文しちゃいました。
    新しいレンズに心を動かされて購入に走った
    のは、5年ぶりくらいになります。