南木曾町でツキノワグマ講演

ツキノワグマが植林杉の健康診断をしている。

このあと、問題点があれば、クマは樹皮を豪快に剝いでしまう。

27日に長野県南木曾町でツキノワグマに重点をおいた講演会があるが、そのプログラムがいまやっと終わったところ。

住民たちへの喚起と提言を考えていたら、今回も126枚の写真を見せることになってしまった。

ちょっと、時間的にタイトだが、伝えたいことがたくさんあるので…。

クマに絞った講演は少ないけれど、林業に生活基盤を置く地域では深刻な状況に陥っていることは確かなので少しでも「考える」夕べの時間になればいい、と思っている。杉の幹のにおいを嗅ぐ
20150813 RIMG0008

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。