無人撮影ロボットカメラで捉える夜行性のコウモリ

オイラの仕事場は、森に囲まれている。
なので、夜間には当然コウモリだって飛んでいると思っていた。
しかし、その姿はなかなか見られるものではなかった。
そこで、特殊センサーを開発してコウモリの撮影を試みてみた。
とにかく、無人撮影ロボットカメラをコウモリ専用にして、庭に置きっぱなしにしておけばいい、と考えたのである。
その結果、予想どおりにコウモリが撮影できた。
こうして撮影できてみると、これをヒントに次々にアイデアが浮かぶものである。
たとえば、森林のなかにコウモリ専用のスタジオをつくってしまえば年間を通していろんな発見もありそうだ。
冬眠を前にしてどのような行動をしているのかといった動きもすでに他のカメラには撮影されているので、それらも発展させていけば面白い発見もある、と思う。
こうした、新たな発見から次につなげていく、写真をやっていてイチバン面白いと感じるときである。

【写真上がウサギコウモリ、下がキクガシラコウモリ】

 

201510220456 ウサギコウモリトキクガシラコウモリ 

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。