ちゃっかりカラス


三重県伊賀市を走っていたら、遠くにカラスの巣らしきものが見えた。
大きな木のてっぺん近くに、コロンと目立つ。
あんなに高くて風通しのいいところに巣をつくるのだから、今年は台風が来ないのかなぁー、と思った。
しかし、カラスにしては大きくて丸い。
トビでもない、カササギの巣に似ているが、三重県にいるのだろう、か?
ひょっとしたら、ヤドリギかも知れない。
そう思いながら、近づいて双眼鏡で確認してみたら、やっぱりヤドリギだった。
「なーんだぁー」っと、思いながら、
それにしても大きな木だから自分の木登り技術を確認するためにも、登れそうなのかそうでないのかを見たくて幹を根元まで双眼鏡でなめてみた。
っと、その時、双眼鏡の視野にカラスの巣が飛び込んできた。
幹の二股となったところに、巧妙に巣づくりをしているではないか。肉眼では、まず見落としてしまいそうな巣だった。
しかも、巣の中から、抱卵中のカラスがジィっとボクを見つめている。距離は300mも離れているのに、「ただならぬ人間が巣を見ている」と、相手も殺気を感じたらしい。
まあ、木登りをするつもりもなかったからそのままにしてきたが、それにしてもしっかりした枝ぶりのところに巣を架けたものだ。
そんな巣を見てしまうと、今年もやっぱり大きな台風が来るのかなぁーと、思ってしまった。
三重県伊賀市にて。
D2X 

カテゴリー: 風景   パーマリンク

ちゃっかりカラス への2件のコメント

  1. ニキ より:

    ボクが中一の頃だったか、同級生で高い樹上のカラスの巣を竹竿でたたき、雛を落とした悪ガキがいました。
    彼がその雛を持って居たら、3羽ほどのカラスが襲いかかって来たのです。
    彼は逃げて、ボクの方へ走って来て、雛をボクに手渡したので、次はボクが逃げる番になってしまいました。
    頭をツッツかれそうになり、1-2度やられたかもしれません。後頭部です。
    ボクは最初の事情を知らなかったので、なぜカラスが襲って来るか、あまり理解できなかったのです。
    その後どうなったか記憶ありませんが、ヒッチコック「鳥」のような事が現実にあるんだなあと思ったものです。
    その巣は確か、2-3日前から話題になっていたものと記憶しています。
    まあ、カラスは数が多いから、.... が、今はこんな悪ガキ居ない

  2. もっち より:

    ニキさんのような子供の頃の体験はとても大事ですよね。
    というか僕たちの子供の頃は、それが当たり前でした。
    昨今の都会のカラスやクマ、イノシシによる被害の報道、マスコミでは一方的に人が襲われるように言うけど、動物なりの事情背景があるのに・・・。