過疎地域が野生動物に追い出される日

昨日は、都内某所での講演だった。
一緒に基調講演をされたoさんの話は30年後の日本の将来像を見据えた共通認識性が分野は違えどオイラとよく似ていて実に勉強になった。
やっぱり、分野外のところでもエコロジー的にきちんと将来を見つめている人がいることに安心した。
こうした、出会いがあるから異業種で輝いている人の話は面白い。

オイラも、30年後には日本の地方が立ちゆかなくなると述べてきた。
それは、人口減にともない野生動物のほうがはるかに数を増やして「獣害」というカタチで土地の明け渡しを求めてくるからだ。
その序章がイマはじまっていることを写真を交えて伝えてきた。

写真家として、日本中の現場を見て歩いてきたから実感を込めてそう話せるからだ。

20160130 ファイザーヘルスリサーチ RIMG0031

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。