ツキノワグマはすぐ裏山にいるのに…

 

ツキノワグマは増えている。
それも、近年はべらぼうに数が多くなっている。
10年も前からオイラはきちんと発信してきているけれど、この意見は「異端児」扱いをされてきた。
それが、今年あたりからは「ツキノワグマは増えている」に意識がだいぶシフトしてきているみたいだ。
そうなると、次にはどうすればいいか…。

写真の山にも、たくさんのツキノワグマがいる。
100頭なのか200頭なのか、どのくらいの熊を擁しているかは誰にもわからない。
しかし、四角で囲ったあたりを丁寧に10年間ばかり継続調査を続けていけば裏山の生息状況のある程度はつかめる(少なくも4~5頭は行動しているからだ)。
そのうえで、ポイントを変えて調べていけば、山全体の状況がわかる。
このような発想で全国版にしていけばいいのだが、そう考えることもできないといつまでたってもボタンを掛け違えただけの想像だけで終わってしまうだろう。
「山を見て木をみず木を見て山をみず」そのうえで野生動物を見る。
そう思うのも、自然を把握するスキルがないと、発想力すらも沸いてこないというものだ。
意識がそこに辿りつくまでには、あと10年はかかるのかな?
さらに、そこから次なる発想に至るにはこれまた10年…。

いまから30年後には、日本の人口は激減をする。
そのときは、この風景のなかにもイマでは想像もつかないことが起きてくだろう。
少なくも、四角く囲んだあたりだけにでも関心を示してもいいものだが、地域住民も行政も裏山を普通にツキノワグマがひっそりと行動しているなんてまったく思ってもみないからだ。
自然を語るには、時間軸も人間社会学も必要だ。
加えて、動物のもつ生理生態学、死の生態学も同時に考えていかなければならないコトだからである。

201606201935 22-DSC_1262 

 

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。