『未来への風景写真』

2016/09/15

こうした風景を見てしまうと、どうしても写真に記録しておきたくなる。
撮影年月日と撮影場所だけ、きちんと記録しておけばいい。
耕作放棄地、黄金田、破竹林、30年生カラマツ植林地、そして中央にはコンクリート三面張りの水路…。

記録したかった理由は30年後の時間軸を考えると、二通りある。
1) このまま過疎と限界集落がつづき、あの黄金田も数年で消える可能性がある。
耕作放棄地からはこのあと樹木が生えてきて、どんどん林になっていく。
コンクリート三面張りの水路はやがて壊れ、本来あるべき自然の川に戻っていく。
竹林は、このあとどんどん増殖して野良竹藪となり勢力拡大をしていく。
その竹林は春にはタケノコを提供して、イノシシとサルとツキノワグマを育てる。
背後の植林地は、さらに森林化が進みカラマツも残るが他の樹木も繁茂してくる。

2) 都市直下型大地震ないしは大経済不況が起きて、現代人の思想に「大撹乱」が起きる。
このとき、再びこの地に「黄金田」が生まれるかもしれない。
「セルロースナノファイバー」なる素材開発が進み、背後の山林は一斉伐採の風景に変わるかもしれない。
そのときは、竹林も消えていく可能性がある。
野生動物たちはいちど極端に減少するが、再びまた勢力を盛り返して「獣害」も発生してくる。

写真の記録性は、これだから面白い。
こうした時間軸で分析検証できるから、写真のもつ視点は大切なのだ。
要するに、「腐る写真」と「腐らない写真」がある。
同じ時代に時間共有をするなら「腐らない写真」を撮っていったほうがオモシロイではないか。

201609131329 「セルロースナノファイバー」

 

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。