アライグマを監視する…

20161216

北海道のある半島に暮らす知人から相談があった。
「アライグマがいきなり庭などに出没してくるようになり、町役場と相談してワナを仕掛けたら5匹も獲れた。まだ、いるのだけれど、タヌキやネコが錯誤捕獲されて困っている…」
アライグマだけをピンポイントで捕獲するには、それなりの知恵が必要なのでオイラの考えられるアイデアを教えてあげた。

アライグマは、イマや北海道から九州までほんとうに密に棲息するようになってしまった。信州ではまだそれほど公にはなってきていないが、ここはアライグマだけを撮影観察する装置を開発したほうがよさそうだ。
とにかく、自分の足下だけでもアライグマの動きをきっちり把握しておかないと、次なる手を打つこともできないからだ。
ライグマだけを餌で釣る、これも野生動物を研究探索するひとつの技術だからである。

200803190105 アライグマ 

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。