ムササビの交尾行動

昨日はムササビのとんでもない観察ができて嬉しかった。
なんと、交尾に至るまでの行動を目撃できたからだ。
吹雪とまではいかないが、雪の舞う寒い一日だった。
午後3時ちょっとすぎのまだ明るい時間帯なのに、近所の別荘地樹林でムササビの「キュルキュル…」という声が聞こえた。
まさか、こんな時間にムササビが外にでているはずはないと思った瞬間ムササビが飛んだ。
オイラから15mほどの距離を飛んだと思ったらそのあとにもう一頭のムササビも続いて飛んだ。
二頭は3mほど離れたヒノキの幹の底部にそれぞれ着地したと思ったら猛烈なスピードで幹を駆け上がった。
そして、一頭が再び飛んだ瞬間に、もう一頭も飛び、先のムササビの背中にまるでスカイダイビングで重なるようにして「落下」した。
地上に落ちるかと思ったら、地上から2mほどの幹に二頭ともに重なるように張りつき、雄が雌を腹の下に隠すようにして交尾のポーズをとった。

それを撮影しようとしてオイラが動いた瞬間に、再び二頭は離れて幹を駆け上り、視界の外に滑空してしまった。
まあ、ムササビの交尾行動とはこんなものかと、素晴らしい行動を自分の目で確認できたのがよかった。

オイラの仕事場である「むささび荘」には2つのムササビ用の巣箱が架けてある。
その②番巣箱からわずか7mほどのところでの交尾行動だったので、昼間ににそれを目撃できたことはラッキーだった。
たぶん、同じような行動を目撃できないだけで夜間には近所でたびたび行っているのだろう。
ちなみに、①番巣箱はどうだろうかと見れば、なんと①番巣箱からムササビが顔を出していた。
①番と②番巣箱の距離は20mほどだから、巣箱から顔をだして二頭のムササビの一部始終を見ていたにちがいない。
けっきょく、仕事場の庭には3頭のムササビがいたことになる。
今春は、これらの巣箱で子育てが見られるかもしれない。

201701081522 この日時に交尾を見る DSC_8421

青が雄の軌道で赤は雌。燈の丸のところで重なる。②の巣箱でも過去にムササビが子育てをしたことがあるので、今年は期待がもてそう。
もちろん、①の巣箱でも子育てが何回か行われている。

20140210 ムササビ スカイダイビング 

 

200805081003--2-IMG01709

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。