ヒトの臭いを動物は気にするだろうか?

20170130 【動物が写ってないシリーズ 7 】

これは古い写真だが、この光景に出会ったときから「獣害」のテーマが本格的となった。
ニホンジカから作物を守るためにネットフェンスで畑を囲み、さらにはパンストに人毛が詰め込まれていた。
この「人の臭い」で撃退という心理作戦にオイラは興味があった。
シカが「人毛」だけで畑荒らしをやめることはないと思いながら、それを考えついた人の必死さに惚れ込んだからだ。
面白いといえば失礼だが、ここで、「人間vs野生動物」の攻防戦の観戦に参入することを決意したからである。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。