シカのジャンプはあなどれない

20170201 【動物が写ってないシリーズ  8 】

獣害は、当初イノシシだと思ったにちがいない。
防護フェンスをつくっても次々に突破されることを知って、シカが悪さをしていることにようやく気がついた。
そこで、シカが「走り高跳び」できないようにフェンスがどんどん上げ底になっていった。
こうなるまで、少なくも3~4年の思考錯誤時間があったことだろう。
地主も相当に頭にきてキレていた、と思う。

 

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。