ジャガイモで「スズメ対策」のお呪い

20170203 【動物が写ってないシリーズ 10 】

稲田の脇に、ジャガイモが串刺しとなって立っていた。
場所によっては、5m間隔で田んぼを一周ぐるりとジャガイモのオンパレード。
ジャガイモの腐った臭いが、スズメを寄せつけないのだそうだ。
農業新聞などに載っていたらしく、それを正しく踏襲している農家だった。
はたして、スズメは臭いに反応するのだろうか、はなはだ疑問だ。
「シナントロープ」というものを意識しつつ、すごく、お呪いのような気がしてならない。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。