カモシカの新雪ラッセル痕

20170210 【動物が写ってないシリーズ 12 】

これは、ニホンカモシカのラッセル痕。
新雪が一夜に30~40cmも降ると、カモシカは胸で雪を掻く。
しかし、雪崩の起きるような急斜面ではこのようなラッセル痕をまず見ない。
低気圧の接近でいきなりの新雪を予測できるから、カモシカのラッセルを目撃するには天気予報である程度絞ることができる。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。