コウモリに怒るタヌキ

20170812 【写真家は見たシリーズ 24 】

タヌキが「けもの道」をトボトボと歩いてきた。
すると、コウモリが飛んできた。
そのウザさに、タヌキは怒った。
こういうことも、自然界では日夜繰り返されているのだろう。
その事実を私たちは目撃できないので知らないだけなのだ。
無人撮影ロボットカメラは、そうしたコウモリとタヌキの関係をちゃんと見届けていた。
そして、このたった一枚の写真から多くのことが分析でき次なるヒントに向かうことができる。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。