マダニ vs 動物たちの 「ige抗体」対決

20170820 【写真家は見たシリーズ 28 】

このツキノワグマは、目のまわりを3匹のマダニに喰らわれている。
このような姿は別に珍しいことでもない。
ツキノワグマは1000匹単位ものダニに全身をとりまかれながら日々を生きているからだ。
シカやイノシシもそれくらい。
タヌキやキツネだって100匹単位のダニを普通に背負っている。
そして、それらのダニはすべてが宿主の血を吸うわけではない。
「ige抗体」を獲得している宿主に対してダニは喰えず、そのうちに脱落していくからだ。
このため、抗体ができていないグループのマダニだけが新たに宿主を喰らうということになる。

オイラは医者ではないので科学的なことまで勉強してないが、野生動物の観察と経験を通して直感的にこのように感じている。
それは、マダニに自分が喰われたり、飼っている柴犬を通して確信しているからだ。
犬と一緒に旅をして、オイラは現地の山野では犬を自由に放しながら歩く。
このとき、数百km離れた土地では犬が猛烈にダニを背負ってしまい、喰われるからだ。
それなのに、地元に帰ってきて同じように歩いても、一度ダニに喰われた地域ではたとえダニに付かれてもダニが喰らうまでに至らず犬の身体を歩いているだけでやがては逃げ出してしまう、という事実を発見した。
もちろん、犬についたダニは薬で落とすことなく、オイラは犬の全身を丁寧に探って1匹ずつダニを摘んで殺しながら確認している。
犬とのこんな接し方でダニの存在と野生動物の関係を知り、「ige抗体」というものを確信した。
それも、川ひとつ挟んだ対岸でも「ige」グループが違っていることもあり、このような体験から自然界とは何ごとも微妙に適度に闘い無菌状態はよくないことも野生を通して知ることとなった。

この写真は、ツキノワグマから2mの距離での撮影だが、次には30cmくらいの至近距離でダニを撮影したいと思う。その撮影スキルを考え磨くのも、これまたダニとツキノワグマがオイラにテーマを与えてくれているのだから楽しい、ね。
ついでに、ツキノワグマの「耳」の使い方からでもいろんな考察ができて面白い、よ。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。