インターネット社会の落とし穴 6


月・火・水・木・金・土・日 の週間日は、ふだんなにげに過ごしてしまうものだ。
これらの意味を考えて日々暮らしている人は、全国にどれくらいいることだろう、か。
これは「五行説」からきているといわれているが、漢方では「相生」と「相克」に分けて人体の生理、病理に当てはめて理論づけているようだ。
自然体でいると、確かにこの考え方には一理あり、月と日を加えれば一週間を巡る意味が分かってくる。
そこでボクは、この一週間を自分なりに考えていることがあるので、自分流に読み解いてみたい。
●月
 まさに、人間は月に支配されているから、ボクは積極的に月光を浴びるようにしている。そこで、月と話しをすることにより、勇気と安心感を得ている。
 実際に、月光下では懐中電灯も必要なく山野を歩けるのだから、こうした体験だけでも自分に自信がつくものである。
 生理不順な女性は、月の光を10日も浴びれば正常に戻るともいわれているから、月には不思議な魔力があるのだ。
●火
 人類の祖先は、まず、火を求めた。
 洞窟で火を使い家族で火を囲むことで、全員の心が穏やかになり一つになるのだから不思議だ。事実、山野で「たき火」を囲むとみんなが心打ち解けていくから、火を見つめることは包含力を養う力があるとボクは信じている。
 それなのに、現代社会はガスや電気のエネルギーばかりとなり、本物の「火」からすっかり遠ざかってしまった。最近の「オール電化」という言葉は、人間を火から隔離させるようなものだ。
●水
 水はすべての生命の源泉である。
 水なくして生物は生きられないから、ボクはフィールドでも清流を飲んだり、顔を洗ったり、手足をつけて血液の流れに刺激を送っている。こうした「生」の水の恵みを現代社会は断ち、数ヶ月も水道管に淀んだ水を使わされ、ペットボトルで安易に水を求めることから、真水のもつ意味すらを忘れてしまっている。だから、都市近辺の河川がドブ化しても平気でいられるのである。
●木
 木は、人類の10倍以上の生命力で一生を生きている。
 フィトンチットとしていろんな物質を木は放出しているから、野生動物などの生物は一日に一度はみな木の下にでかけていく。そこで、木から出るエネルギーを受けて、精神の安定を得るからである。
 事実、人間も大きな木の下に行くと心が穏やかになるのだから不思議だ。地震などの想像を超えた天災にであうと、人間は大木の下にこぞって避難するのにも一理あろう。
●金
 鉱物は水を清め、生物に必要な生命の水をつくる。
 金にはとくにその力があるので、昔から人類は「金」を求め、支配欲の強者はそれを独り占めしてきた。これは、現代でも同じことだが、近年ではそれがマネーゲームとなっている。
 人類は、金のために働き文明を築いてきたが、文明が進むほどに「金」の持つ意味から遠ざかってしまった。給料だって現金ではなく、電子決済が主流になっているから、現代人は「金」のもつ意味をすっかり見失ってしまっているようだ。
●土
 土は、樹木や食糧をはぐくむ大地。
 土がもっている役割すらも気づかない現代人は、多い。土に触れることで、土の意味も分かるから、ボクは積極的に土を肌で感じるようにしている。実際ボクは、昔アトピー性皮膚炎で手がすごく荒れてしまったことがある。このときに素手で土いじりをしてみたら、あっというまに治ってしまった。土の中に膨大な数で生息するバクテリアの働きを今でも信じている。イノシシがよく行う「泥浴び」の原点も、こういうところにあるからだ。
 それなのに、現代はコンクリート社会となり、土からどんどん離れつつある。
●日
 いわずもがな太陽の光である。
 生物が生きていくうえで、太陽光を浴びることは大切なことなのである。
 それなのに、文明社会はオゾン層を破壊して紫外線を増やし、太陽光から人類を遠ざけはじめている。そして、人工光を増やし「夜型」人間の大増産がはじまっている。
こうして、
一週間の曜日だけをとって日々繰り返されていく意味を探るだけでも、地球上のほんの片隅に住まわせてもらっている私たち人類が最低限気づかなければならない自然界の「意味」もわかるというものだ。
自然界の摂理に組み込まれている人間という動物だから、毎日少しだけでも月火水木金土日を体験していれば、神経もバランスがとれて正常になるというものだろう。
それなのに、朝から深夜まで毎日パソコンの前に座って、インターネットだけをやりながら全国へ嫌がらせをし続けるのは、まさに正常な神経とは思えない。
このように壊れてしまった人間が、ここへきて確実に増えてきている。
それだけ、現代人は自然から乖離してしまったのだろう。
写真:清流に棲むカジカは夜行性。深夜、腰まで水に浸かってカジカを追い、それを唐揚げで食べる至福の時間を過ごせるのも、自然界に生かさせてもらっていることへの感謝の日々。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

インターネット社会の落とし穴 6 への1件のコメント

  1. クワ より:

    月から日まで、正に仰るとおりですね。
    都市に住んでいると忘れがちな基本なんですが、、、何と田舎でも、土に触れない子供が増えているですよね。