カモシカの写真ってつまらない

20170929

久しぶりにニホンカモシカに出会った。
この森には10年ばかり出かけてなかったので、出会うのも久しぶり。
親子が寄り添っていたのでそれはてっきり母子だと思ったら、父子だった。
撮影中に1分ほどしたら母カモシカも現れ、子カモシカに授乳をはじめたので父母子関係がこのときに判明。
子カモシカが母乳を飲むときの頭突きはヤギとまったく一緒だ。

このあと、奥山で仕事をして1時間後に現場付近に差しかかったら、またカモシカがいた。
母親に顔つきが似ていたが、精査すればどうやら別個体だった。
カモシカの密度もけっこう高いことがこれで分かった。
カモシカの写真は誰が撮ってもカメラを見ているものばっかりで、これほどつまらない動物写真はないと常々思っている。
なので、そのうちにめっちゃ面白い写真を撮ってやろうと思い、カモシカが確実に通る「けもの道」を探しはじめた。



カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。