オオコノハズクは謎の多いフクロウ

20180104

フィールドとしている山林に風倒木となったカラマツがあった。
その木をヒメネズミたちがバイパスにして走ることを知った。
ならば、オオコノハズクがそのうちに風倒木に現れるかも知れないと思った。
それが、予想以上に早く現実となった。
野生のオオコノハズクはなかなかに目撃困難な野鳥。
しかし、イマ現在の日本の森林を考えるとかなり数多く生息しているのではないのか、と思う。
なので、これまでの断片的なヒントをもとに「フクロウ」で培ってきたノウハウをつかえばオオコノハズクに迫れそうな予感がする。
正月早々から、ちょっとだけ謎の野鳥の夢を見はじめた。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。