秋田県でツキノワグマの6割を殺す…

20180120 

『秋田県でツキノワグマ推定生息数の6割を駆除捕殺』
https://www.asahi.com/articles/ASKDP5R4PKDPUBUB010.html

このことで、全国紙大手新聞社解説委員がオイラのところに見解を求めてきた。
新聞各社の記事をみれば、それはそれはほんとうにツッコミどころ満載で、どこのマスコミも答えを探しあぐねていた。

1) 秋田県での生息推定数の根拠…は?
2) 捕殺した817頭はほんとうに6割なのか? 
3) 生息数の1割だったかもしれないし、9割だったかもしれない。
4) 自然保護団体は猛烈に反対をしているけれど生息推定数を調べる具体的な技術もなく提示もできなければ、ただの「反対」では大衆の支持はえられない。
5) 生息数の把握なんて、国や県が森林税を使ってでもしっかり自信をもって行うべきだ。
6) マスコミも相変わらず10年以上も思考停止の「脳止」状態での記事のタレ流しでまったく進歩なし。
7) このような事態になるとクマ専門家や研究者は決まって「だんまり」を決め込む。
8) 「クマクール」+「マタミール」をきっちり使えば、かなりのツキノワグマ生息個体推定把握ができる。
9) オイラは10年以上も前にクマクールとマタミールを独自開発しているが、この装置で100頭、1000頭、10000頭…と撮影していけばビックリするようなホンモノの答えが出ることまちがいなし。
10) 撮影された写真を分析すればツキノワグマが「経産」か「童貞」、「処女」なのかも見えてくるし、それだけで地域個体群の将来的生産力把握だって可能となる。
11) ついでに、「クマクール」を応用してロボットアームなどを駆使すればDNAの追跡やらかなり深入りして日本のツキノワグマの生態研究にもなるのに、スキルがないとそうした発想力に辿りつけないのも悲しい。
12) 日本社会は1960年前半の第一回東京オリンピックを境にして、全国民のライフエネルギーが電気ガス石油に一斉シフトした。
13) それまで、1000年以上も薪炭で森を相手に日本の国家歴史が築かれてきた時間軸があるのに、木を切らず利用しなくなって山野を70年も放置すれば全国津々浦々まで「森林飽和」「森林過多」が猛烈に進んでいることに気づいていない…all。
14) 「山をみて木を見ず、木をみて山を見ず」というが、樹木ばかりで山野が豊かになれば森に依存している野生動物が激増するのはフードチェーンからみても「エコロジー」の基本である。
15) この現代において「シナントロープ」を考えられなければ、時代を追えず、人間社会変化をも追えず、まったくの思考停止状態の社会があまりにも嘆かわしい。
16) この10年間で全国紙マスコミのインタビューなどを受けてきたが、何回説明しても記者そのものが分かっていないから、いつまでたっても本当の思考性ある記事が書けない。
17) なので、日本のイマドキのツキノワグマはどんどん捕殺し続けてもいい。減ってくれば獲れなくなるのだから捕れるうちはどんどん殺していく発想に至ってもいい。イマドキ日本の国土は70パーセントが森林だし、あと30年もすれば80パーセントになるから、クマが獲れなくなればちゃんと自然回復もする。だから、殺し続けるのも「研究」だし「実験」でもあるから、やってみるべし。
18) マタギの名句に「山は半分殺してちょうどいい」、確かにその通りだからである。
19) そうそう、オイラの『となりのツキノワグマ』は名著だからね。あれだけの写真を一枚々々丁寧に読み解けば、一枚の写真のなかに原稿用紙でどれだけの言葉が紡ぎ出せるかでその人の自然認識度がわかるというもの。
20) そのようにオイラは写真を撮ってきているから、変な学者たちが机上で観念的に書いているツキノワグマ本より写真という現場からの“視覚言語”を分析できれば読める人には原稿用紙で何十枚と文章が書けると思うよ。
21) 「極意」とは、どれだけホンモノをみているのか、どれだけニセモノをみているのか…、そこに答えがあるからね。
22) 「黙して語らない自然界」を知る教科書なんてないのだから、自分自身がどこまで自然界とは何なのか、と関わり知る努力をすることではないのかねぇー。

オイラは、2時間のインタビューで記者にこう答えたが、発行して8年にもなる『となりのツキノワグマ』を書評で取り上げた全国紙はなかった。
それなのに、困ったときだけいろんな新聞社がタダで聞きにくるのだからすぐに忘れてしまうワケだ、ね。
ある全国紙なんて、4年も続けてインタビューにきていながら進歩的な記事が書けなかったので5年目にはとうとう断った、さ。



カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。