マダニがニホンザルの恥部に食らう

20180310 

これは、ニホンザルのお嬢さん。
カメラモデルとなって帰り際に一瞬みせてくれた恥部。
なんと、そこにはマダニが食らいついて吸血していた(矢印)。
マダニの大きさからすれば、あと48時間ほどでどこかに落下して「仔ダニ」を大量に殖やすことだろう。
マダニは吸血していることをサルに気づかれないように局部麻酔をしながら食らいついているから、サルだってまさかと思いながらの行動だ。

サルは、仲間内でのグルーミングをするからダニだって見つけ次第取り除いているに違いない。
それができなかったということは、このサルにはお友達が少ないのだろうか?
それとも、仲間内で恥部のあたりまではチェックが疎かになっているのかも知れない。
サルは人間に近縁だから「SFTS」の可能性だってある?
いろいろを考え教えてくれる恥部写真、となった。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。