フクロウが獲物を襲った現場の落とし物…

20180326

フクロウの下着が落ちていた。
それも、二枚並んで。
下着といえば聞こえは悪いが、いわゆるダウンというやつである。
このダウンがフクロウのどのへんに生えているのかといえば、下腹部にある。
ということは、フクロウがここでノネズミの捕獲行動をしたことになる。
フクロウのダウンはとても柔らかく、浮遊効果もあるので、風や上昇気流で飛んでいってしまうことがある。
しかし、地上の落ち葉にからみつくように二枚ものダウンがここにあるということは、フクロウが激しく地上に着地した証拠である。

「フクロウ=平凡社」という伝説的写真集を出しているオイラだから、たった二枚のフクロウの下着を見つけただけでフクロウがどのような行動をしたかまで想像できてしまう。
そういえば、昨夕はこの近所でフクロウの素晴らしくよく透る声を聞いた。
それは、オスのフクロウが「いま、狩りをしているところだよ…」と、メスに伝えている声だった。



フクロウのダウンはとにかく柔らかくて軽くて、ふわっふわ。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。