ヒメネズミの高床住宅

ノネズミに関心のある人は少ないと思う。
しかし、海でいうならイワシのごとくたくさんいる陸のノネズミを観察してみれば、自然の深さがわかって面白い。
ヒメネズミが地上6mの樹洞で子育てをするとは、これまで思ってもみなかった。
そして、この時期には子供が生まれて、夏までにはこの樹洞を家族ともども去っていくこともわかった。
黙して語らない自然界をいかに語らせるかは、やはりロボットカメラの目が欠かせない。
ロボットカメラの映像分析から、自然の奥深さがみえてくるからだ。

①  臨月のヒメネズミ
②  モモンガはヒメネズミよりはるかに大きい…
③  散歩中のヒメネズミの赤ん坊

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。