「自然撹乱」は人類の反省と試練と軌道修正への教科書

20180906

「自然撹乱」期に、日本列島全域がいよいよかかってきたみたいだ。
ゲリラ豪雨、猛暑酷暑、台風、地震、噴火活動…。
文明に甘んじて、身も心も家畜化してしまったイマドキ現代人はすべて電気の人質となり、水はいつでも飲めて、糞尿は水洗で流して、ついでにウォシュレットで排泄口を洗って、とても幸せ…。
だが、これだけ自然災害で不便を感じると、水と土がいかに大切かを一部の人間は分かりつつあるだろう。

自然撹乱とは、自然界があらゆる生物に試練と反省と軌道修正を図ってきている、とオイラはいつも言いつづけている。
そんな矢先のたったいま、北海道釧路に住む旧知の若い主婦から電話があった。

「gakuさんが普段から言っていることが今朝の地震でようやく実感できた。
いま、停電しているので、風呂にもあらゆるところにも水を貯めた。
そして、いまは、鍋でご飯炊いている。
gakuさんが教えてくれた冬物をはじめ捨てようと思っていた衣類をコンテナBOXにキープしてあり、それを部屋の真ん中に置いて、いつでも着られるようにしている。
この地震が、真冬だったら、北海道では大勢が凍え死ぬでしょうね…?
いまね、山の上のほうが断水になったって情報が入ってきたけれど、どうしてなの…?」

Gaku「水は上流から下流に流れるじゃん。山の上のほうには、ポンプアップして水道水を送っているのだよ。電気が止まればポンプも作動しない。なので、水道は上流から止まるのさ。ということは、下流の街部も途中の太い水道管に溜まっている水をみんなが使い終わったころには断水するから、鍋でも洗面器でもあらゆるものに、水を貯められるだけ確保すること。
ご飯は塩をたっぷり使っておにぎりにして、なかには梅干しをいれること。そうすれば1周間は大丈夫。
これを機会に、北海道では真冬対策にマイナス30度の寝袋を用意だね。
あと、敷布団になる風呂場の洗マットは断熱効果があるから、それも確保しておくこと。
そうそう、野糞のできる場所も確保だね。街中なら、板とかテント、シーツなどで目隠しできるようにして、土には軽く穴掘って埋めていくと、いまの時期なら土壌バクテリアが24時間でしっかり処理してくれるからローテーション組むといいよ…。
ついでに、ついでに、車のシガライターからACとれる小型のインバーターをホムセで確保しておくと照明やらPC、スマホ充電ができるから便利だよ」。
そんな返事をしたところだった。

すると、近畿地方からは次期講演会の打ち合わせの電話が入り、「社会的視点での危機管理」の話もぜひ盛り込んでほしい」、とも。
「野生動物は、この写真のように、意外と自然撹乱には平気で対処しているから、…ね
その平気さは何なのかを一緒に伝えますから…」
と、答えておいた。

それにしても、地震や災害のたびに「原発」の安否が一番先に取りざたされるのは辛いね。
もし、事故が起きれば、生物にとっていちばん大切な水と土を広範囲にわたって永久に汚染で失うことになるのだから…。
それと、電気は地域ブロックごとに発電と消費をしていくのが今後の人類アメニティーには絶対に理想的、だと思う。

写真:樹洞のマイホームで太い大きな尻尾を掛け布団にして、安心して眠るムササビの親子はたくましい。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。