庭先の畑にできたノネズミの巣穴

 

20190423

春本番となって我が家の畑にナズナが満開になると、「ハタネズミ」が活動をはじめる。
畑のあちらこちらに、ネズミの穴が開く。
たぶん、この穴は「ハタネズミ」だと思うが、まだその正体がつかめていない。
ここ数年間、毎年のごとく正体撮影に頑張るのだがまだ成功していないのである。
オイラの無人撮影ロボットカメラ技術には絶対的な自信があるのだけれど、モデルの出演拒否に遭っているようだ。

このようなチャンスは、一週間ほどしかない。
いろいろな実験を繰り返しているのだが、今年も失敗に終わるのかも知れない。
ヒメネズミやアカネズミなどは簡単に撮影できるが、ハタネズミには手こずっている。

そう思っていたら、2日目にして撮影ができた。
なんと、アカネズミ…だった。
ハタネズミを期待していたのに、アカネズミが撮影されてアカネズミの生態的意味が見えてきた。
アカネズミはナズナの茎芽を土中の穴のなかに引きずり込んでいたから、ナズナにもかなり依存して生活していることが分かった。

これは、標高的にも意味がありそうでハタネズミはもっと低標高地にいるのではないのか、と思うようになった。
やっぱり、このようなことはやってみないとワカラナイことだ。
なので、次には「ハタネズミ」狙いで場所を変えてやってみたい。
それにしても、スズメまで撮影されるのだから自然界はほんとうに「黙して語らない世界」だ、ということに改めて感動した。

赤矢印先の穴がネズミの巣穴玄関…。

「黙して語らない」自然の世界を知るには、まずは撮影スキルをあげて実行してみることが大切。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。