散歩道でツキノワグマが人を襲う… 9


9月26日、20時27分。
ツキノワグマが果樹園脇のリンゴ捨て場にやってきた。

果樹農家では、商品にならないリンゴ、梨、ブドウを畑脇に穴を掘って捨てている。
やがて土をかけて埋めるが、その間隙をぬってタヌキやハクビシン、ネコ、ツキノワグマも食べに来る。
動物たちは、食べることで環境クリーニングをしているからだ。

撮影現場の前と後ろの風景。
前山から動物たちが降りてくるが、8~9月の間に、この山周辺だけでツキノワグマが18頭捕獲されて耳タグをつけられて再放獣された。
すぐ後ろは、中央高速道路。ちょうどバスが走っているが、カメラからの距離は15m。

高速道路脇に平行して走る農道には、ツキノワグマのリンゴと梨を食べた新旧の糞。

果樹農家でお茶に呼ばれたので雑談をしてきたが、そのときに出された果物。
これらのリンゴや梨でも、売り物にならない自家用品。
少しでもキズがあったり、色づきが悪いと都会の消費者には買ってもらえない。
農業の現場、消費者心理、それをとりまく野生動物…。
自然界の報道写真家としてもう何十年と現場を見続けてきているが、ボクにはまだ答えが見出せないでいる。
昨日まで、農家の許可をいただいて「リンゴ捨て場」に10日間ばかり無人自動撮影カメラを設置してみたが、ツキノワグマが2枚写った。
耳タグをつけていない個体だったから、これは18頭以外の新顔のツキノワグマということになる。
カメラを片付けていたら、そこに散歩にやってきたオジサンがいた。
腰には、小さなラジオを吊る下げていた。
高速道路脇だから小型ラジオの音はまったく無意味だったが、このオジサンは熊の出現を知っていての行動だった。
ボクの顔を見るなり、
オジサン 『どうだい、クマは写ったかぃ?』
gaku   『はい、2枚ね。いずれも夜の8時台です。』
オジサン 『ほほー 案外はやい時間にきているんだなぁー
       まあ、クマはいてもいいけれど、人間に危害をくわえなけりゃー それでいい。』
こういいながら、高速道路に平行して走る農道をオジサンはすたすた歩いていってしまった。
周辺にクマがいることも、ボクがそれを目的でカメラを設置したことも、このオジサンはすべてお見通しだったのだ。
たぶん、このオジサンはツキノワグマには襲われない、と思う。

カテゴリー: 鳥類   パーマリンク

散歩道でツキノワグマが人を襲う… 9 への1件のコメント

  1. 北割H より:

    隣村の高速道路脇にある栗園に寄ってみましたが大型トラックなどが轟音を響かせ通り過ぎるすぐ脇に枝がバキバキに折られ熊棚がありました。
    凄まじいものがあり林道へ入って行くのを諦めましたし道路敷地内の胡桃の木などにも熊棚が見られました。
    ウ~ン!鈴,ベルなどは此処に人が居るよ~!熊さん!気がついてね~・・と言う単なる気休めですね~、人を襲うか襲わないかは熊の気分次第?かも。