雑食性のツキノワグマ

20201020

ツキノワグマがニジマスを食うなんて、どれほどの人が想像できるだろうか?
自然界の出来事をきちんと撮影して報道しなければならないと思っているオイラには、ふつうに想像してきたことだから、このようなカットを撮影したまで。
しかも、この写真は13年も前に撮影している。
それなのに、相変わらず「ドングリ」にしか視点がいっていないイマドキ現代社会の自然に対する認識錯誤にはあきれている。

明日は、ツキノワグマが猛烈にたくさん出没して困っている自治体で貸切講演を頼まれた。
コロナ禍でもあり密を避けて広い会場でたった10名ほどの講演だが、オイラにとって10名でも100名でも1000人でもやることは同じ。
プロとして招いていただけたのでSNSなどでは公開していない現場写真を100枚ほど使って、ツキノワグマへの対処と自然界の変化を話すことにしている。
10名なのでたぶん相当に熱心なみなさんだと思う。
なので、高度なリテラシーに期待している。

カテゴリー: 旅・取材・人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。